Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アイン・ランド(Ayn Rand、/ˈaɪn ˈrænd/;、1905年2月2日–1982年3月6日)は、ロシア系アメリカ人の小説家、思想家、劇作家、映画脚本家である。本名アリーサ・ジノヴィエヴナ・ローゼンバウム(露: Алиса Зиновьевна Розенбаум)。2つのベストセラー小説『水源』(The Fountainhead)および『肩をすくめるアトラス』(Atlas Shrugged)で知られる。また自ら「客観主義」と名付けた思想体系の創出者としても知られる。ロシアで生まれロシアで教育を受け、1926年にアメリカ合衆国に移住した。ハリウッドで映画脚本家として働き、劇作品の一つは1935年から1936年までブロードウェイで上演された。初期の小説2作品は当初それほど評判にならなかったが、小説『水源』(The Fountainhead、1943年)で名声を得た。1957年には代表作の小説『肩をすくめるアトラス』(Atlas Shrugged)を出版。その後は自らの思想を伝播するノンフィクションに転向した。自ら雑誌を刊行し、いくつかのエッセー集を発表し、1982年に死去した。ランドは理性を知識を得る唯一の手段として擁護し、信仰や宗教を拒絶した。合理的かつ倫理的なエゴイズムを支持し、倫理的利他主義を拒絶した。政治においてはInitiation of Force(自分の側からの強制力の行使)を非難し、集産主義および国家主義に反対した。また無政府主義にも反対した。最小国家主義および自由放任資本主義を、個人の権利を守る唯一の社会システムと信じ、支持した。芸術においてはロマン主義的写実主義を唱道した。一部のアリストテレス派哲学者や古典的自由主義を除き、ほとんどの思想家および思想的伝統を辛辣に批判した。文芸評論の世界では、ランドのフィクションはほとんど認められていない。アカデミズムの世界では、ランドの思想はほぼ無視または否認されている。客観主義運動は、ランドの思想を一般およびアカデミズム界に広めることを目指す運動である。リバタリアンおよびアメリカ保守主義者の間では、ランドは大きな影響力を持ち続けている。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1982-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1934-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthDate
  • 1905-02-02 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthName
  • Alisa Zinov'yevna Rosenbaum
  • アリーサ・ジノヴィエヴナ・ローゼンバウム
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1982-03-06 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:pseudonym
  • アイン・ランド
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 16939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 64102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59178403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • ペトログラード国立大学
prop-ja:awards
  • 1983 (xsd:integer)
  • 1987 (xsd:integer)
  • プロメテウス賞-殿堂入り
prop-ja:birthDate
  • 1905-02-02 (xsd:date)
prop-ja:birthName
  • Alisa Zinov'yevna Rosenbaum
  • アリーサ・ジノヴィエヴナ・ローゼンバウム
prop-ja:birthPlace
  • ロシア帝国サンクトペテルブルク
prop-ja:caption
  • アメリカ移住当時のランド(1925年)
prop-ja:citizenship
  • アメリカ合衆国
  • ロシア
  • ソビエト連邦
prop-ja:deathDate
  • 1982-03-06 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
prop-ja:ethnicity
  • ロシア系ユダヤ人
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:language
  • 英語
prop-ja:name
  • アイン・ランド
  • Ayn Rand
prop-ja:notableworks
  • 『水源』、『肩をすくめるアトラス』
prop-ja:occupation
  • 作家、思想家
prop-ja:period
  • 1934 (xsd:integer)
prop-ja:pseudonym
  • アイン・ランド
prop-ja:restingPlace
  • アメリカ合衆国ニューヨーク州ヴァルハラ、ケンシコ墓地
prop-ja:signature
  • Sign Ayn Rand.png
prop-ja:signatureAlt
  • Ayn Rand
prop-ja:spouse
  • --04-15
  • フランク・オコナー
prop-ja:subject
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アイン・ランド(Ayn Rand、/ˈaɪn ˈrænd/;、1905年2月2日–1982年3月6日)は、ロシア系アメリカ人の小説家、思想家、劇作家、映画脚本家である。本名アリーサ・ジノヴィエヴナ・ローゼンバウム(露: Алиса Зиновьевна Розенбаум)。2つのベストセラー小説『水源』(The Fountainhead)および『肩をすくめるアトラス』(Atlas Shrugged)で知られる。また自ら「客観主義」と名付けた思想体系の創出者としても知られる。ロシアで生まれロシアで教育を受け、1926年にアメリカ合衆国に移住した。ハリウッドで映画脚本家として働き、劇作品の一つは1935年から1936年までブロードウェイで上演された。初期の小説2作品は当初それほど評判にならなかったが、小説『水源』(The Fountainhead、1943年)で名声を得た。1957年には代表作の小説『肩をすくめるアトラス』(Atlas Shrugged)を出版。その後は自らの思想を伝播するノンフィクションに転向した。自ら雑誌を刊行し、いくつかのエッセー集を発表し、1982年に死去した。ランドは理性を知識を得る唯一の手段として擁護し、信仰や宗教を拒絶した。合理的かつ倫理的なエゴイズムを支持し、倫理的利他主義を拒絶した。政治においてはInitiation of Force(自分の側からの強制力の行使)を非難し、集産主義および国家主義に反対した。また無政府主義にも反対した。最小国家主義および自由放任資本主義を、個人の権利を守る唯一の社会システムと信じ、支持した。芸術においてはロマン主義的写実主義を唱道した。一部のアリストテレス派哲学者や古典的自由主義を除き、ほとんどの思想家および思想的伝統を辛辣に批判した。文芸評論の世界では、ランドのフィクションはほとんど認められていない。アカデミズムの世界では、ランドの思想はほぼ無視または否認されている。客観主義運動は、ランドの思想を一般およびアカデミズム界に広めることを目指す運動である。リバタリアンおよびアメリカ保守主義者の間では、ランドは大きな影響力を持ち続けている。
rdfs:label
  • アイン・ランド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アイン・ランド
  • Ayn Rand
is dbpedia-owl:author of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:focus of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:作者 of
is foaf:primaryTopic of