Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アイン・マラッハ(英: Ain Mallaha)は、現在のイスラエル北部フラ湖近郊の丘陵地にある、ナトゥーフ期の考古遺跡。遺跡の年代は紀元前10,000年から8,000年頃と推定される。当時、辺りはオーク、アーモンド、ピスタチオなどの樹木に覆われた森林地帯であった。住民はガゼル、ダマジカ、イノシシ、アカシカ、ノロジカ、ノウサギ、リクガメ、ほか爬虫類や魚類などを食用に狩猟していたことが分かっている。 この遺跡からは、老女と生後4~5か月の子犬が一緒に埋葬されている墓が発見された。これは家畜化された犬とその埋葬事例に関する、最も初期の考古学的な証拠とされている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2172277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58812702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アイン・マラッハ(英: Ain Mallaha)は、現在のイスラエル北部フラ湖近郊の丘陵地にある、ナトゥーフ期の考古遺跡。遺跡の年代は紀元前10,000年から8,000年頃と推定される。当時、辺りはオーク、アーモンド、ピスタチオなどの樹木に覆われた森林地帯であった。住民はガゼル、ダマジカ、イノシシ、アカシカ、ノロジカ、ノウサギ、リクガメ、ほか爬虫類や魚類などを食用に狩猟していたことが分かっている。 この遺跡からは、老女と生後4~5か月の子犬が一緒に埋葬されている墓が発見された。これは家畜化された犬とその埋葬事例に関する、最も初期の考古学的な証拠とされている。
rdfs:label
  • アイン・マラッハ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of