Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アイユーブ朝アイユーブ朝の位置アイユーブ朝の最大支配領域(1188年)アイユーブ朝(アラビア語: الأيوبيون‎、クルド語:دەوڵەتی ئەییووبی )は、12世紀から13世紀にかけてエジプト、シリア、イエメンなどの地域を支配したスンナ派のイスラーム王朝。シリアのザンギー朝に仕えたクルド系軍人のサラーフッディーン(サラディン)を王朝の創始者とする。1169年にエジプトを支配するファーティマ朝の宰相に就任したサラディンは、ザンギー朝から事実上独立した政権を樹立する。サラディンはアッバース朝のカリフの権威を認め、支配の正統性を主張してマリク(王)を称した。ファーティマ朝の実権を握ったサラディンは独自の政策を立案したため、後世の歴史家はサラディンが宰相の地位に就いた1169年をアイユーブ朝が創始された年と見なしている。サラディンの死後、国家の領土は各地の王族たちによって分割され、ダマスカス、アレッポ、ディヤルバクルには半独立の地方政権が成立した。アル=アーディル、アル=カーミル、アッ=サーリフら有力な君主の時代には一時的に統一が回復され、彼らはカイロで政務を執った。1250年にマムルーク(軍人奴隷)のクーデターによってカイロのアイユーブ家の政権は滅亡し、シリアに残った地方政権も1250年代後半から中東に進出したモンゴル帝国とマムルーク朝の抗争の過程で消滅した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 89918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 42231 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58945092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1250 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • AyyubidGreatest.png
prop-ja:位置画像説明
  • アイユーブ朝の最大支配領域(1188年)
prop-ja:元首等年代始
  • 1171 (xsd:integer)
  • 1202 (xsd:integer)
  • 1249 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1193 (xsd:integer)
  • 1218 (xsd:integer)
  • 1250 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
  • マリク・アル=ナースィル、スルターン
prop-ja:先代
  • ファーティマ朝
  • ザンギー朝
prop-ja:先旗
  • Fatimid flag.svg
  • Flag of None.svg
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Flag of Ayyubid Dynasty.svg
prop-ja:変遷
  • dbpedia-ja:エルサレム
  • 成立
  • 神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世にエルサレムを譲渡する
  • サラディンの死
  • 大アイユーブ朝滅亡
prop-ja:変遷年月日
  • 1169 (xsd:integer)
  • 1187 (xsd:integer)
  • 1193 (xsd:integer)
  • 1229 (xsd:integer)
  • 1250 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 1169 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • アイユーブ朝
prop-ja:次代
  • マムルーク朝
  • イルハン朝
  • ラスール朝
prop-ja:次旗
  • Il-Khanate Flag.svg
  • Mameluke_Flag.svg
  • Flag of None.svg
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アイユーブ朝アイユーブ朝の位置アイユーブ朝の最大支配領域(1188年)アイユーブ朝(アラビア語: الأيوبيون‎、クルド語:دەوڵەتی ئەییووبی )は、12世紀から13世紀にかけてエジプト、シリア、イエメンなどの地域を支配したスンナ派のイスラーム王朝。シリアのザンギー朝に仕えたクルド系軍人のサラーフッディーン(サラディン)を王朝の創始者とする。1169年にエジプトを支配するファーティマ朝の宰相に就任したサラディンは、ザンギー朝から事実上独立した政権を樹立する。サラディンはアッバース朝のカリフの権威を認め、支配の正統性を主張してマリク(王)を称した。ファーティマ朝の実権を握ったサラディンは独自の政策を立案したため、後世の歴史家はサラディンが宰相の地位に就いた1169年をアイユーブ朝が創始された年と見なしている。サラディンの死後、国家の領土は各地の王族たちによって分割され、ダマスカス、アレッポ、ディヤルバクルには半独立の地方政権が成立した。アル=アーディル、アル=カーミル、アッ=サーリフら有力な君主の時代には一時的に統一が回復され、彼らはカイロで政務を執った。1250年にマムルーク(軍人奴隷)のクーデターによってカイロのアイユーブ家の政権は滅亡し、シリアに残った地方政権も1250年代後半から中東に進出したモンゴル帝国とマムルーク朝の抗争の過程で消滅した。
rdfs:label
  • アイユーブ朝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:王朝 of
is prop-ja:肩書き of
is foaf:primaryTopic of