Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アイテル・フリードリヒ・フォン・プロイセン(Eitel Friedrich von Preußen, 1883年7月7日 - 1942年12月8日)は、ドイツ帝国・プロイセン王国の王族・軍人。陸軍少将(Generalmajor)、プール・ル・メリット勲章受勲者。全名はヴィルヘルム・アイテル・フリードリヒ・クリスティアン・カール(Wilhelm Eitel Friedrich Christian Karl)で、家族からはアイテル・フリッツ(Eitel Fritz)と呼ばれた。ヴィルヘルム2世の次男。アイテル・フリードリヒは1883年7月7日、ヴィルヘルム2世(当時皇太子)とその妃であったシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公フリードリヒ8世の娘アウグステ・ヴィクトリア(1858年 - 1921年)の間に第二子としてポツダムの大理石宮殿で生まれた。1906年2月27日にオルデンブルク大公フリードリヒ・アウグストの娘ゾフィー・シャルロッテ(1879年 - 1964年)と結婚した。しかし彼女との間に子供は生まれず、また1926年に二人は離婚した。1914年の第一次世界大戦開戦時、アイテル・フリードリヒは第一近衛歩兵連隊の司令に任じられていた。敗戦後は父ヴィルヘルム2世や兄ヴィルヘルムがオランダへ亡命した後もドイツに残った。ヴァイマル共和政下では鉄兜団(シュタールヘルム)やSemper talis Bundといった退役軍人会で活発に活動し、帝政復古を求めるBund der Aufrechtenにも参加した。しかしこれらの組織が国民社会主義的色彩を強めていくと、彼は距離を置くようになった。アイテル・フリードリヒは1942年12月8日にポツダムで死去した。アドルフ・ヒトラーは葬儀への軍人の参加を認めなかったため、かつての戦友たちは私服で参列しなければならなかった。墓所はサンスーシ宮殿内のAntikentempelにある。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 609265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58855676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1907 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アイテル・フリードリヒ・フォン・プロイセン(Eitel Friedrich von Preußen, 1883年7月7日 - 1942年12月8日)は、ドイツ帝国・プロイセン王国の王族・軍人。陸軍少将(Generalmajor)、プール・ル・メリット勲章受勲者。全名はヴィルヘルム・アイテル・フリードリヒ・クリスティアン・カール(Wilhelm Eitel Friedrich Christian Karl)で、家族からはアイテル・フリッツ(Eitel Fritz)と呼ばれた。ヴィルヘルム2世の次男。アイテル・フリードリヒは1883年7月7日、ヴィルヘルム2世(当時皇太子)とその妃であったシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公フリードリヒ8世の娘アウグステ・ヴィクトリア(1858年 - 1921年)の間に第二子としてポツダムの大理石宮殿で生まれた。1906年2月27日にオルデンブルク大公フリードリヒ・アウグストの娘ゾフィー・シャルロッテ(1879年 - 1964年)と結婚した。しかし彼女との間に子供は生まれず、また1926年に二人は離婚した。1914年の第一次世界大戦開戦時、アイテル・フリードリヒは第一近衛歩兵連隊の司令に任じられていた。敗戦後は父ヴィルヘルム2世や兄ヴィルヘルムがオランダへ亡命した後もドイツに残った。ヴァイマル共和政下では鉄兜団(シュタールヘルム)やSemper talis Bundといった退役軍人会で活発に活動し、帝政復古を求めるBund der Aufrechtenにも参加した。しかしこれらの組織が国民社会主義的色彩を強めていくと、彼は距離を置くようになった。アイテル・フリードリヒは1942年12月8日にポツダムで死去した。アドルフ・ヒトラーは葬儀への軍人の参加を認めなかったため、かつての戦友たちは私服で参列しなければならなかった。墓所はサンスーシ宮殿内のAntikentempelにある。
rdfs:label
  • アイテル・フリードリヒ・フォン・プロイセン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of