Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アイテム課金(アイテムかきん)とは、主にオンラインゲームやソーシャルゲームなどで導入されている、ユーザーにゲーム内で利用できるアイテム(追加コンテンツ)を販売する課金制度である。アイテム課金という名称は、大半のゲームで「基本料金が無料」の範囲があり、ゲーム内アイテムを購入することによって機能が拡充するというシステムによるものである。アイテム課金の多くは基本料金が無料で楽しめる要素があるが、定額課金制とアイテム課金による従量制度の両方を組みあわせたハイブリッド課金と呼ばれる形態のゲームも存在する。日本では一部でも無料で遊べる要素がある場合基本無料などと銘打つことが多く、課金については小さく注意書きとして書くことが多い。欧米では特にゲームの根幹部分(勝敗やプレイ要素、プレイ回数など)に制限を設けず自由・無料(Free)とした場合にのみF2P (Free to Play) と呼称することが求められるため、両者は本来異なるものである。また、課金バランスによって、無課金でも対等に勝てるFree to Winや重課金でのみ勝てるPay to Winに分けられる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 755971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59173486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アイテム課金(アイテムかきん)とは、主にオンラインゲームやソーシャルゲームなどで導入されている、ユーザーにゲーム内で利用できるアイテム(追加コンテンツ)を販売する課金制度である。アイテム課金という名称は、大半のゲームで「基本料金が無料」の範囲があり、ゲーム内アイテムを購入することによって機能が拡充するというシステムによるものである。アイテム課金の多くは基本料金が無料で楽しめる要素があるが、定額課金制とアイテム課金による従量制度の両方を組みあわせたハイブリッド課金と呼ばれる形態のゲームも存在する。日本では一部でも無料で遊べる要素がある場合基本無料などと銘打つことが多く、課金については小さく注意書きとして書くことが多い。欧米では特にゲームの根幹部分(勝敗やプレイ要素、プレイ回数など)に制限を設けず自由・無料(Free)とした場合にのみF2P (Free to Play) と呼称することが求められるため、両者は本来異なるものである。また、課金バランスによって、無課金でも対等に勝てるFree to Winや重課金でのみ勝てるPay to Winに分けられる。
rdfs:label
  • アイテム課金
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:charge of
is prop-ja:downloadContent of
is prop-ja:price of
is prop-ja:revenue of
is prop-ja:その他 of
is prop-ja:価格 of
is prop-ja:収益 of
is foaf:primaryTopic of