Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『アイスランド人の書』(アイスランドじんのしょ。古ノルド語: Íslendingabók、ラテン語: Libellus Islandorum。英語: The Book of Icelanders)は、初期のアイスランドの歴史を伝える、史実に基づく作品である。著者は、12世紀の初期に活躍した、アイスランドの聖職者アリ・ソルギルスソンである。現在『アイスランド人の書』と呼ばれているのは、アリがラテン語で『Libellus Islandorum』と名付けた写本である。制作年代は1134年-1138年と推定されている。最初に書かれた写本は残っていない。アリは最初はラテン語で執筆したと推定されるがそれは失われ、後に当時のアイスランド語で書いたものが現在に残ったと考えられる。作品にはより古い時代のノルウェー王に関する情報も含まれ、王のサガを後に執筆した人々に利用された。司教ブリュニョールヴル・スヴェインスソンの助手であった、Villingaholtの聖職者ヨーン・エルレンドソン(Jón Erlendsson。1672年没)は、『アイスランド人の書』の2冊の写本を制作した。それらはアウルトニ・マグヌッソン研究所にある AM 113 a fol と AM 113 bである。司教が最初の写本に不満を抱いていたので後からもう1冊を制作した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2129750 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53051038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『アイスランド人の書』(アイスランドじんのしょ。古ノルド語: Íslendingabók、ラテン語: Libellus Islandorum。英語: The Book of Icelanders)は、初期のアイスランドの歴史を伝える、史実に基づく作品である。著者は、12世紀の初期に活躍した、アイスランドの聖職者アリ・ソルギルスソンである。現在『アイスランド人の書』と呼ばれているのは、アリがラテン語で『Libellus Islandorum』と名付けた写本である。制作年代は1134年-1138年と推定されている。最初に書かれた写本は残っていない。アリは最初はラテン語で執筆したと推定されるがそれは失われ、後に当時のアイスランド語で書いたものが現在に残ったと考えられる。作品にはより古い時代のノルウェー王に関する情報も含まれ、王のサガを後に執筆した人々に利用された。司教ブリュニョールヴル・スヴェインスソンの助手であった、Villingaholtの聖職者ヨーン・エルレンドソン(Jón Erlendsson。1672年没)は、『アイスランド人の書』の2冊の写本を制作した。それらはアウルトニ・マグヌッソン研究所にある AM 113 a fol と AM 113 bである。司教が最初の写本に不満を抱いていたので後からもう1冊を制作した。
rdfs:label
  • アイスランド人の書
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of