Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『わが人生の時の時』(わがじんせいのときのとき)は、日本の小説家石原慎太郎の自伝的掌編集。新潮社より1990年発表。主に海を扱った40編の短編で出来ている。 同作品の題に関して石原は特別エッセイ「人生のフラグメント」(2007年)の中で、アメリカ合衆国の小説家ノーマン・メイラーの短編集『彼女の時の時』(The Short Fiction of Norman Mailer、1967年)を引用し、女性には性行為の絶頂感に近い「人生の時の時」の瞬間があるに違いないと綴っている。同作品は、2002年に日本の文化庁による現代日本文学の翻訳・普及事業にて選定され、英語翻訳版が2005年12月に講談社インターナショナルからウェイン・P・ラマーズ(Wayne P. Lammers)訳 UNDERCURRENTS Episodes from a Life on the Edge として、ロシア語翻訳版がHyperion Publishing House社からアレクサンドル・メシェリャコフ(Alexander Mesheryakov)訳 Соль жизни として既に出版された。保守系の文芸評論家福田和也は、日本の現役小説家を採点した自著『作家の値うち』(2000年)の中で『わが人生の時の時』に100点満点中96点と、同書で採点した中で最高点を付け、情景の鮮烈さが特に魅力的で、20世紀の日本文学として後世に残るであろうと評した。石原は後に本作品に類似する題名の『わが人生の時の会話』(1995年)、『わが人生の時の人々』(2002年)を発表している。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2333246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51181963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • ISBN 9784103015062
prop-ja:language
prop-ja:pages
  • 325 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --02-20
  • --02-25
prop-ja:publisher
  • 新潮社
prop-ja:title
  • わが人生の時の時
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『わが人生の時の時』(わがじんせいのときのとき)は、日本の小説家石原慎太郎の自伝的掌編集。新潮社より1990年発表。主に海を扱った40編の短編で出来ている。 同作品の題に関して石原は特別エッセイ「人生のフラグメント」(2007年)の中で、アメリカ合衆国の小説家ノーマン・メイラーの短編集『彼女の時の時』(The Short Fiction of Norman Mailer、1967年)を引用し、女性には性行為の絶頂感に近い「人生の時の時」の瞬間があるに違いないと綴っている。同作品は、2002年に日本の文化庁による現代日本文学の翻訳・普及事業にて選定され、英語翻訳版が2005年12月に講談社インターナショナルからウェイン・P・ラマーズ(Wayne P.
rdfs:label
  • わが人生の時の時
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • わが人生の時の時
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of