Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『みづうみ』は、川端康成の長編小説。現代仮名遣いでは『みずうみ』表記となる。川端の日本的鎮魂歌の路線とは異質で、発表当初、衝撃的な作品として受け取られ、好悪の分れた作品である。気に入った美しい女を見かけると、その後を追ってしまう奇行癖のある男が、ある聖少女の美しい黒い目の中のみずうみを裸で泳ぎたいと願う物語。様々な女性への秘めた情念を、回顧、現実、妄想、幻想などの微妙な連想を織り交ぜた「意識の流れ」で描写し、「永遠の憧れの姿」に象徴化させている。1954年(昭和29年)、雑誌『新潮』1月号(第51巻第1号)から12月号(第51巻第12号)に連載され(全12回)、翌年1955年(昭和30年)4月15日に新潮社より単行本刊行された。その際に大幅な加筆訂正がなされ、連載第11回の後半と第12回の全文が削除されたが、この時に川端は当時の編集担当者へ未完作である旨を伝えたとされる。文庫版は新潮文庫で刊行されている。翻訳版は1974年(昭和49年)のReiko Tsukimura(月村麗子)訳(英題:“The Lake”)をはじめ、各国で行われている。1966年(昭和41年)に本作を原案とした映画『女のみづうみ』が岡田茉莉子主演で制作された。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:illustrator
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 207 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2310215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58565172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:illustrator
  • 装幀:徳岡神泉、題簽:町春草
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:origTitle
  • The Lake
prop-ja:pages
  • 207 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --04-15
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • みづうみ
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 98 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 女のみづうみ
prop-ja:公開
  • --08-27
prop-ja:出演者
prop-ja:原作
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
  • 現代映画社
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『みづうみ』は、川端康成の長編小説。現代仮名遣いでは『みずうみ』表記となる。川端の日本的鎮魂歌の路線とは異質で、発表当初、衝撃的な作品として受け取られ、好悪の分れた作品である。気に入った美しい女を見かけると、その後を追ってしまう奇行癖のある男が、ある聖少女の美しい黒い目の中のみずうみを裸で泳ぎたいと願う物語。様々な女性への秘めた情念を、回顧、現実、妄想、幻想などの微妙な連想を織り交ぜた「意識の流れ」で描写し、「永遠の憧れの姿」に象徴化させている。1954年(昭和29年)、雑誌『新潮』1月号(第51巻第1号)から12月号(第51巻第12号)に連載され(全12回)、翌年1955年(昭和30年)4月15日に新潮社より単行本刊行された。その際に大幅な加筆訂正がなされ、連載第11回の後半と第12回の全文が削除されたが、この時に川端は当時の編集担当者へ未完作である旨を伝えたとされる。文庫版は新潮文庫で刊行されている。翻訳版は1974年(昭和49年)のReiko Tsukimura(月村麗子)訳(英題:“The Lake”)をはじめ、各国で行われている。1966年(昭和41年)に本作を原案とした映画『女のみづうみ』が岡田茉莉子主演で制作された。
rdfs:label
  • みづうみ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • The Lake
  • みづうみ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of