Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • みかかは、日本のパソコン通信のスラングでNTT(日本電信電話)を指す言葉である。日本語キーボードにおいてかな入力モードで「N」「T」「T」とタイプすると「み」「か」「か」と入力される事に由来する。転じて、電話料金を意味することもあった。パソコン通信のユーザーは初期のインターネット接続の主要なユーザーでもあり、そのままインターネットスラングにもなった。パソコン通信サービスが始まった1980年代からインターネットが一般化した1990年代において、一般ユーザーのパソコン通信やインターネットへの接続手段は、低速かつ従量課金制のアナログ電話回線による接続(ダイヤルアップ接続)に限られていた。また当時の通信はNTTのほぼ独占であり競合が無いことで、通信料は諸外国と比して高額であった。そのため、長時間の接続を行うネット依存者にとってNTTからの料金請求は恐怖の代名詞であり、NTTからの請求書を「みかかからのラブレター」と形容したり、「今月は繋ぎ過ぎでみかかが怖い」などといった表現が多く用いられていた。その後、2000年頃から一般向けの高速・定額制の接続サービスが普及した事により、そうした表現が使われる事は殆ど無くなっている。しかし、今日でもインターネットの掲示板等では一種の暗号や言葉遊びとして、日本語キーボードを対応表としてアルファベットとひらがなの変換を行うことを「みかか変換」あるいは「みかか方式」と呼んでいる。近年では、携帯電話の普及に伴い、(日本語キーボードとは配列が異なる)携帯電話のキーパッド(英語版)を用いたものも派生している。また現在では、エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社が運営するプロサッカークラブである「大宮アルディージャ」を指すスラングにもなっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 69718 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56204579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • みかかは、日本のパソコン通信のスラングでNTT(日本電信電話)を指す言葉である。日本語キーボードにおいてかな入力モードで「N」「T」「T」とタイプすると「み」「か」「か」と入力される事に由来する。転じて、電話料金を意味することもあった。パソコン通信のユーザーは初期のインターネット接続の主要なユーザーでもあり、そのままインターネットスラングにもなった。パソコン通信サービスが始まった1980年代からインターネットが一般化した1990年代において、一般ユーザーのパソコン通信やインターネットへの接続手段は、低速かつ従量課金制のアナログ電話回線による接続(ダイヤルアップ接続)に限られていた。また当時の通信はNTTのほぼ独占であり競合が無いことで、通信料は諸外国と比して高額であった。そのため、長時間の接続を行うネット依存者にとってNTTからの料金請求は恐怖の代名詞であり、NTTからの請求書を「みかかからのラブレター」と形容したり、「今月は繋ぎ過ぎでみかかが怖い」などといった表現が多く用いられていた。その後、2000年頃から一般向けの高速・定額制の接続サービスが普及した事により、そうした表現が使われる事は殆ど無くなっている。しかし、今日でもインターネットの掲示板等では一種の暗号や言葉遊びとして、日本語キーボードを対応表としてアルファベットとひらがなの変換を行うことを「みかか変換」あるいは「みかか方式」と呼んでいる。近年では、携帯電話の普及に伴い、(日本語キーボードとは配列が異なる)携帯電話のキーパッド(英語版)を用いたものも派生している。また現在では、エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社が運営するプロサッカークラブである「大宮アルディージャ」を指すスラングにもなっている。
rdfs:label
  • みかか
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of