Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • へそ(臍)とは、 腹部のまんなかの小さなへこみ。臍帯のとれた跡。ほぞとも。石臼、重ね箪笥などの重なり部分に設けた小さな突起。ものの中央にあるくぼみや高い部分。「あんパンのへそ」のように用いる。→#比喩臍という漢字はほぞとも読み、「ほぞをかむ」などの慣用句に用いられる。解剖学では漢字を原則として音読みで読むため、さいと発音し、医学でもそのように発音することが普通である。経絡学ではへその中も経穴のひとつとみなされ、「臍中」と書いてさいちゅうと呼んでいる
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 212902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5270 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58656444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:name
  • へそ(臍)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ラテン語
  • umbilicus
prop-ja:画像
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ヒトの臍
prop-ja:英語
  • Navel
dcterms:subject
rdfs:comment
  • へそ(臍)とは、 腹部のまんなかの小さなへこみ。臍帯のとれた跡。ほぞとも。石臼、重ね箪笥などの重なり部分に設けた小さな突起。ものの中央にあるくぼみや高い部分。「あんパンのへそ」のように用いる。→#比喩臍という漢字はほぞとも読み、「ほぞをかむ」などの慣用句に用いられる。解剖学では漢字を原則として音読みで読むため、さいと発音し、医学でもそのように発音することが普通である。経絡学ではへその中も経穴のひとつとみなされ、「臍中」と書いてさいちゅうと呼んでいる
rdfs:label
  • へそ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:身体備考 of
is foaf:primaryTopic of