Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ばさらとは、日本の中世、主に南北朝時代の社会風潮や文化的流行をあらわす言葉であり、実際に当時の流行語として用いられた。婆娑羅など幾つかの漢字表記がある。梵語(サンスクリット語)で「vajra = 金剛石(ダイヤモンド)」を意味し、全てのものを粉々に砕く金剛石のイメージが、派手な格好で身分の上下に遠慮をせずに振舞う者達のイメージに類似していたためこの名が定着した。意味の転訛は不明であるともされる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 163540 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58033829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ばさらとは、日本の中世、主に南北朝時代の社会風潮や文化的流行をあらわす言葉であり、実際に当時の流行語として用いられた。婆娑羅など幾つかの漢字表記がある。梵語(サンスクリット語)で「vajra = 金剛石(ダイヤモンド)」を意味し、全てのものを粉々に砕く金剛石のイメージが、派手な格好で身分の上下に遠慮をせずに振舞う者達のイメージに類似していたためこの名が定着した。意味の転訛は不明であるともされる。
rdfs:label
  • ばさら
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of