Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『のだめカンタービレ 最終楽章』(のだめカンタービレ さいしゅうがくしょう)は、二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』を原作とした日本の映画である。テレビドラマ版の続編という形で前後編2部作で制作された。監督はドラマ版の演出に引き続き、武内英樹が務め、映画初監督デビューを果たした。2010年上半期邦画興収は前編が2位、後編が3位という結果となった。撮影は国内だけでなく、フランス、チェコ、スロバキア、オーストリアといった海外でも敢行。新キャストとして谷原章介、なだぎ武(ザ・プラン9)、チャド・マレーンが参加しており、外国人役には現地の役者も多数採用されている。ル-・マルレ・オーケストラはブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、映画冒頭ベートーヴェン交響曲第7番、楽友協会での演奏はハラデッツ・フィルハーモニー。オーケストラのシーンではブルノ・フィルハーモニーのほか、フラデツ・クラーロヴェー・フィルハーモニー管弦楽団などのメンバーもエキストラとして協力。ドラマ同様にのだめオーケストラもR☆Sオケメンバーとしてエキストラ出演した。また、のだめのピアノ演奏は、中国人ピアニストのラン・ランが担当した。
dbpedia-owl:cinematography
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:distributor
dbpedia-owl:editing
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:releaseDate
  • 2019-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1988634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 245 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59242239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:artist
prop-ja:certification
  • *ゴールド(日本レコード協会)
prop-ja:chartPosition
  • *週間11位(オリコン) *2010年度上半期40位(オリコン) *2010年度年間85位(オリコン) *登場回数27回(オリコン)
prop-ja:date
  • 20101229011401 (xsd:double)
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastAlbum
prop-ja:length
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
prop-ja:nextAlbum
prop-ja:released
  • --12-09
prop-ja:thisAlbum
  • (2009年)
  • '''のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
prop-ja:title
  • 映画「のだめカンタービレ 最終楽章」
prop-ja:type
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 121 (xsd:integer)
  • 123 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • のだめカンタービレ 最終楽章
  • 前編 / 後編
prop-ja:公開
  • --04-17
  • --12-19
prop-ja:出演者
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:興行収入
  • 37.200000 (xsd:double)
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:製作
prop-ja:製作総指揮
prop-ja:言語
prop-ja:配給
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『のだめカンタービレ 最終楽章』(のだめカンタービレ さいしゅうがくしょう)は、二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』を原作とした日本の映画である。テレビドラマ版の続編という形で前後編2部作で制作された。監督はドラマ版の演出に引き続き、武内英樹が務め、映画初監督デビューを果たした。2010年上半期邦画興収は前編が2位、後編が3位という結果となった。撮影は国内だけでなく、フランス、チェコ、スロバキア、オーストリアといった海外でも敢行。新キャストとして谷原章介、なだぎ武(ザ・プラン9)、チャド・マレーンが参加しており、外国人役には現地の役者も多数採用されている。ル-・マルレ・オーケストラはブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、映画冒頭ベートーヴェン交響曲第7番、楽友協会での演奏はハラデッツ・フィルハーモニー。オーケストラのシーンではブルノ・フィルハーモニーのほか、フラデツ・クラーロヴェー・フィルハーモニー管弦楽団などのメンバーもエキストラとして協力。ドラマ同様にのだめオーケストラもR☆Sオケメンバーとしてエキストラ出演した。また、のだめのピアノ演奏は、中国人ピアニストのラン・ランが担当した。
rdfs:label
  • のだめカンタービレ 最終楽章
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • のだめカンタービレ 最終楽章
  • 前編 / 後編
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of