Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ねじれ国会(ねじれこっかい)とは、日本国憲法下の日本の国会において、衆議院(下院)で与党が過半数の議席を持つ一方で、参議院(上院)では過半数に達していない状態のこと。日本は議院内閣制をとっており、また、内閣総理大臣の指名において衆議院の優越が認められている。このことから、閣外協力を得た少数与党でない限り、通常は、単一の与党または複数の連立与党が衆議院の過半数を占めることとなる。ねじれ国会という語は、それにもかかわらず与党が参議院の過半数を占めていない状態を指すものであり、この状態は、与党である政党が参議院の比較第1党であったとしても起こりうる。1989年7月30日付け「朝日新聞」朝刊3面に掲載されたのが由来で、マスコミの造語である。特に2007年7月の第21回参議院議員通常選挙の結果を受けて、報道などでよく使われるようになった。逆転国会などとも呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1254176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13920 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59095822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ねじれ国会(ねじれこっかい)とは、日本国憲法下の日本の国会において、衆議院(下院)で与党が過半数の議席を持つ一方で、参議院(上院)では過半数に達していない状態のこと。日本は議院内閣制をとっており、また、内閣総理大臣の指名において衆議院の優越が認められている。このことから、閣外協力を得た少数与党でない限り、通常は、単一の与党または複数の連立与党が衆議院の過半数を占めることとなる。ねじれ国会という語は、それにもかかわらず与党が参議院の過半数を占めていない状態を指すものであり、この状態は、与党である政党が参議院の比較第1党であったとしても起こりうる。1989年7月30日付け「朝日新聞」朝刊3面に掲載されたのが由来で、マスコミの造語である。特に2007年7月の第21回参議院議員通常選挙の結果を受けて、報道などでよく使われるようになった。逆転国会などとも呼ばれる。
rdfs:label
  • ねじれ国会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is foaf:primaryTopic of