Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ねじまきカギュー』は、中山敦支による日本の漫画作品。読み切り版を再構成して集英社の『週刊ヤングジャンプ』2011年13号から2014年28号まで連載。単行本はヤングジャンプ・コミックスより16巻まで発売された。本作の見所として、同誌編集部の大熊八甲は、本作を飾るヒロイン・カギューの漢らしさと乙女らしさのギャップ、個性的な女子(美女)達との迫力あるバトルシーン、見開きや大ゴマを連発する「超ハイテンションマンガ表現」を挙げている。また、前作『トラウマイスタ』との繋がりを示唆する描写がある。
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2481150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20824 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59037838 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
  • 青年漫画、ラブコメディ格闘漫画、学園漫画
prop-ja:タイトル
  • ねじまきカギュー
prop-ja:レーベル
prop-ja:作者
prop-ja:冊数
  • 全16巻
prop-ja:出版社
prop-ja:掲載誌
prop-ja:終了
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:開始
  • 2011 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ねじまきカギュー』は、中山敦支による日本の漫画作品。読み切り版を再構成して集英社の『週刊ヤングジャンプ』2011年13号から2014年28号まで連載。単行本はヤングジャンプ・コミックスより16巻まで発売された。本作の見所として、同誌編集部の大熊八甲は、本作を飾るヒロイン・カギューの漢らしさと乙女らしさのギャップ、個性的な女子(美女)達との迫力あるバトルシーン、見開きや大ゴマを連発する「超ハイテンションマンガ表現」を挙げている。また、前作『トラウマイスタ』との繋がりを示唆する描写がある。
rdfs:label
  • ねじまきカギュー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ねじまきカギュー
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of