Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「どんぐりころころ」は、大正時代に作られた唱歌、広義の童謡。作詞青木存義(1879年 - 1935年)、作曲梁田貞(1885年 - 1959年)。七五調四行詩のいわゆる今様の形式の作品であり、2番まである歌詞は起承転結のはっきりとした物語性のある構成となっている。青木の没後、終戦直後の1947年(昭和22年)に小学校用の教科書(音楽)で使用されたことを契機に広く歌われるようになり、その普及ぶりから金田一春彦に「日本の三大童謡の一つ」とも評されている。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。作詞、作曲ともに著作権の保護期間が満了しており、パブリックドメインとなっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1963270 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59163858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:comment
  • (原題:団栗ころころ)
prop-ja:composer
prop-ja:form
  • 「唱歌」(広義の「童謡」)
prop-ja:language
prop-ja:lyricist
prop-ja:misc
  • File:Donguri korokoro.ogg
  • 視聴用どんぐりころころ(歌声合成ソフト「UTAU」により作成)
prop-ja:published
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • どんぐりころころ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:written
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「どんぐりころころ」は、大正時代に作られた唱歌、広義の童謡。作詞青木存義(1879年 - 1935年)、作曲梁田貞(1885年 - 1959年)。七五調四行詩のいわゆる今様の形式の作品であり、2番まである歌詞は起承転結のはっきりとした物語性のある構成となっている。青木の没後、終戦直後の1947年(昭和22年)に小学校用の教科書(音楽)で使用されたことを契機に広く歌われるようになり、その普及ぶりから金田一春彦に「日本の三大童謡の一つ」とも評されている。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。作詞、作曲ともに著作権の保護期間が満了しており、パブリックドメインとなっている。
rdfs:label
  • どんぐりころころ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of