Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • つまは、刺身料理に用いられるつけあわせのことである。ツマとも表記される。生臭い匂いを消す作用や、見た目を美しくすることによって食欲をそそる働きがある。また、ワサビ等のように抗菌作用のあるものは刺身のいたむのを防ぐ役割があるものもある。現在では全く用いられていないが、夏ミカンの剥いたものや鶏卵素麺なども用いられる事があった。現在では白髪大根などの「ケン」と海藻などの「ツマ」、ワサビなどの「辛み」の区別が無くなりつつあり、全て「つま」と呼ぶことが多い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 765874 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58324107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • つまは、刺身料理に用いられるつけあわせのことである。ツマとも表記される。生臭い匂いを消す作用や、見た目を美しくすることによって食欲をそそる働きがある。また、ワサビ等のように抗菌作用のあるものは刺身のいたむのを防ぐ役割があるものもある。現在では全く用いられていないが、夏ミカンの剥いたものや鶏卵素麺なども用いられる事があった。現在では白髪大根などの「ケン」と海藻などの「ツマ」、ワサビなどの「辛み」の区別が無くなりつつあり、全て「つま」と呼ぶことが多い。
rdfs:label
  • つま
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of