Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • たわみ翼(たわみよく、撓み翼、英: warping wing)は、変型してたわませる(ねじる/ひねる)事が可能な主翼の事である。ねじり翼、ひねり翼などとも言う。主翼をあえてたわませる事によって得られる効果は、機体をロール(バンク)させる、すなわち、機首と機尾を結ぶ前後軸を回転中心とした横転運動をさせることである。たとえば、たわみ翼によって飛行機を右にロールさせるには、左翼をねじり上げて右翼をねじり下げる(左翼の前縁と右翼の後縁を上げて左後ろと右前を下げる)。このようにすると、右翼よりも左翼の揚力が大きくなり、後ろから見て時計回りのトルクが重心周りに発生して、機体は右にロールする。このように、たわみ翼がたわむことによって果たす機能は、補助翼が果たす機能と等しい。本来、飛行機を左右に旋回(ヨーイング)させる機能は方向舵が担う役目であるが、それだけで旋回を行うと機体が横滑りするという問題が生じる。横滑りを起こさずに旋回を行うには、機体を旋回する方向に適切にロールさせる必要がある。そのためにたわみ翼(や補助翼)は使われるのである。たわみ翼の実際の構造・操作方法は機種によって異なる。例えばライト・フライヤー1号の場合は、腹ばいになった操縦者が腰の部分に当てられた「鞍」を動かすことにより、鞍と結びついた操縦索を引っ張って主翼全体をたわませた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 896727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48064922 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • たわみ翼(たわみよく、撓み翼、英: warping wing)は、変型してたわませる(ねじる/ひねる)事が可能な主翼の事である。ねじり翼、ひねり翼などとも言う。主翼をあえてたわませる事によって得られる効果は、機体をロール(バンク)させる、すなわち、機首と機尾を結ぶ前後軸を回転中心とした横転運動をさせることである。たとえば、たわみ翼によって飛行機を右にロールさせるには、左翼をねじり上げて右翼をねじり下げる(左翼の前縁と右翼の後縁を上げて左後ろと右前を下げる)。このようにすると、右翼よりも左翼の揚力が大きくなり、後ろから見て時計回りのトルクが重心周りに発生して、機体は右にロールする。このように、たわみ翼がたわむことによって果たす機能は、補助翼が果たす機能と等しい。本来、飛行機を左右に旋回(ヨーイング)させる機能は方向舵が担う役目であるが、それだけで旋回を行うと機体が横滑りするという問題が生じる。横滑りを起こさずに旋回を行うには、機体を旋回する方向に適切にロールさせる必要がある。そのためにたわみ翼(や補助翼)は使われるのである。たわみ翼の実際の構造・操作方法は機種によって異なる。例えばライト・フライヤー1号の場合は、腹ばいになった操縦者が腰の部分に当てられた「鞍」を動かすことにより、鞍と結びついた操縦索を引っ張って主翼全体をたわませた。
rdfs:label
  • たわみ翼
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of