Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • たらい(盥、タライ、英: Washbasin、英: Washtub)とは、平たい桶のことを言う。通常丸い形をしており、比較的浅い。一般にいわれる洗い桶としての簡易洗面器も、この一種である。また、顔や手足を洗うためにも使われる。近年においては近代化、また利便性の向上に伴い、使われる機会は少なくなってきている。洗濯機が無かった時代において、主に洗濯の用途などで多く用いられた。嫁入り道具に必要なもののひとつとされる地域もあった。語源として、「手洗い」が詰まって「たらい」となったともいわれる。たらいは、戦前までは木製であった。(これは桶の製作技術を転用したものである。)第二次世界大戦後、軽量化、耐久性の向上を図るため、アルミニウムやメッキ鋼板で作られるようになった。その後、トタンを用いた金だらい(かなだらい)が生産、流通の中心となった。さらに近年ではプラスチックを用いた製品が生産、販売されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 320899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56051730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • たらい(盥、タライ、英: Washbasin、英: Washtub)とは、平たい桶のことを言う。通常丸い形をしており、比較的浅い。一般にいわれる洗い桶としての簡易洗面器も、この一種である。また、顔や手足を洗うためにも使われる。近年においては近代化、また利便性の向上に伴い、使われる機会は少なくなってきている。洗濯機が無かった時代において、主に洗濯の用途などで多く用いられた。嫁入り道具に必要なもののひとつとされる地域もあった。語源として、「手洗い」が詰まって「たらい」となったともいわれる。たらいは、戦前までは木製であった。(これは桶の製作技術を転用したものである。)第二次世界大戦後、軽量化、耐久性の向上を図るため、アルミニウムやメッキ鋼板で作られるようになった。その後、トタンを用いた金だらい(かなだらい)が生産、流通の中心となった。さらに近年ではプラスチックを用いた製品が生産、販売されている。
rdfs:label
  • たらい
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of