Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • そろばん(漢字表記:算盤、十露盤など)とは、古典的な計算補助用具の一種で、串(細い棒)で刺した珠(たま)を移動させ、その位置で数を表現し、計算の助けとするもの。日本では、珠を用いた計算補助用具(西洋式には「abacus アバカス」と呼ぶもの)全般を指すためにも、「そろばん(ソロバン)」の語が使われことがある。が、アバカスに関しては「アバカス」の記事が立っているので、ここでは軽く触れるにとどめ詳細はそちらの記事に譲り、ここでは歴史的に見て深い関係のある東アジア式のそろばんと日本式のそろばん(英語でsoroban ないし Japanese abacus)の双方を解説し、特に日本式のそろばんについてはこの記事で詳説する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 10641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58861369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • そろばん(漢字表記:算盤、十露盤など)とは、古典的な計算補助用具の一種で、串(細い棒)で刺した珠(たま)を移動させ、その位置で数を表現し、計算の助けとするもの。日本では、珠を用いた計算補助用具(西洋式には「abacus アバカス」と呼ぶもの)全般を指すためにも、「そろばん(ソロバン)」の語が使われことがある。が、アバカスに関しては「アバカス」の記事が立っているので、ここでは軽く触れるにとどめ詳細はそちらの記事に譲り、ここでは歴史的に見て深い関係のある東アジア式のそろばんと日本式のそろばん(英語でsoroban ないし Japanese abacus)の双方を解説し、特に日本式のそろばんについてはこの記事で詳説する。
rdfs:label
  • そろばん
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of