Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 調音部位 唇音 両唇音 唇歯音 舌頂音舌尖音 / 舌端音 舌唇音 歯音 歯茎音 後部歯茎音 そり舌音 歯茎硬口蓋音 舌背音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 咽喉音 咽頭音 喉頭蓋音 声門音 二重調音 両唇硬口蓋音 両唇軟口蓋音 後部歯茎軟口蓋音 ▶ 調音方法そり舌音(そりじたおん、反り舌音、英: retroflex)は、舌を反らせることで舌尖または下部舌端(舌端の裏)を後部歯茎から硬口蓋の前部までの部分に接触・接近させて作られる子音。調音部位による命名の原則に従えば、下部舌端前部硬口蓋音(英: sublamino-prepalatal)および下部舌端後部歯茎音(英: sublamino-postalveolar)が該当する。下部舌端後部歯茎音は、舌端裏後部歯茎音(ぜったんりこうぶしけいおん)ともいう。古い書籍では頂音 (英語: cerebral または cacuminal) と呼ばれることがある。これはインドの伝統的な声明学でそり舌を意味する mūrdhan (頭、頭蓋骨) の直訳だが、調音位置と無関係なので、言語学用語としては望ましくない。舌尖を後部歯茎に付けたのち、離さずに口腔の奥の方へとずらし、硬口蓋がへこんでいるところまで来たら止める。ここが下部舌端前部硬口蓋音の調音部位である。これをやや前の方へずらすと下部舌端後部歯茎音の調音部位となる。正確な調音位置は言語によって異なる。マラヤラム語などの南インド諸語の場合は上に記したとおりであるが、ヒンディー語などの北インド諸語では舌尖と歯茎の一番盛り上がった部分より少し後ろの部分によって調音される。舌端は上あごから離れて、舌の中央が両側に対して凹んだ形になる。中国語北京方言のそり舌音やロシア語の ш などでは、実際には舌は反っていない。ポーランド語のそり舌音は舌尖または舌端音で、舌は平たく、おそらく後退しており、また唇の丸めと突き出しを伴っている。これによって舌と唇の間の空間が広くなり、周波数が下がるのだという。ラディフォギッドらによれば、中国語やポーランド語のものはそり舌音と呼ぶべきではなく、舌が平らな舌端後部歯茎音であるという。国際音声記号(IPA)では、そり舌音を以下のように記述する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 192810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54921909 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 調音部位 唇音 両唇音 唇歯音 舌頂音舌尖音 / 舌端音 舌唇音 歯音 歯茎音 後部歯茎音 そり舌音 歯茎硬口蓋音 舌背音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 咽喉音 咽頭音 喉頭蓋音 声門音 二重調音 両唇硬口蓋音 両唇軟口蓋音 後部歯茎軟口蓋音 ▶ 調音方法そり舌音(そりじたおん、反り舌音、英: retroflex)は、舌を反らせることで舌尖または下部舌端(舌端の裏)を後部歯茎から硬口蓋の前部までの部分に接触・接近させて作られる子音。調音部位による命名の原則に従えば、下部舌端前部硬口蓋音(英: sublamino-prepalatal)および下部舌端後部歯茎音(英: sublamino-postalveolar)が該当する。下部舌端後部歯茎音は、舌端裏後部歯茎音(ぜったんりこうぶしけいおん)ともいう。古い書籍では頂音 (英語: cerebral または cacuminal) と呼ばれることがある。これはインドの伝統的な声明学でそり舌を意味する mūrdhan (頭、頭蓋骨) の直訳だが、調音位置と無関係なので、言語学用語としては望ましくない。舌尖を後部歯茎に付けたのち、離さずに口腔の奥の方へとずらし、硬口蓋がへこんでいるところまで来たら止める。ここが下部舌端前部硬口蓋音の調音部位である。これをやや前の方へずらすと下部舌端後部歯茎音の調音部位となる。正確な調音位置は言語によって異なる。マラヤラム語などの南インド諸語の場合は上に記したとおりであるが、ヒンディー語などの北インド諸語では舌尖と歯茎の一番盛り上がった部分より少し後ろの部分によって調音される。舌端は上あごから離れて、舌の中央が両側に対して凹んだ形になる。中国語北京方言のそり舌音やロシア語の ш などでは、実際には舌は反っていない。ポーランド語のそり舌音は舌尖または舌端音で、舌は平たく、おそらく後退しており、また唇の丸めと突き出しを伴っている。これによって舌と唇の間の空間が広くなり、周波数が下がるのだという。ラディフォギッドらによれば、中国語やポーランド語のものはそり舌音と呼ぶべきではなく、舌が平らな舌端後部歯茎音であるという。国際音声記号(IPA)では、そり舌音を以下のように記述する。
rdfs:label
  • そり舌音
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of