Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • そうか病(そうかびょう:瘡痂病)は子嚢菌や細菌などの感染によって起こる複数種の植物病害の便宜的な総称。瘡は「かさ・きず」、痂は「かさぶた」と訓み、瘡痂もかさぶたの意で、いずれの病気も罹病部にかさぶた状の病斑を生じることに由来する。柑橘類やジャガイモ等の重要な病害名として知られるが、柑橘類のそうか病は子嚢菌(菌類)、ジャガイモそうか病は放線菌(細菌)、同じくジャガイモの粉状そうか病(ふんじょう - )はネコブカビ類(原生生物)によるもので、それぞれに病原が異なる全く別の病害である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1862075 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 34582632 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • そうか病(そうかびょう:瘡痂病)は子嚢菌や細菌などの感染によって起こる複数種の植物病害の便宜的な総称。瘡は「かさ・きず」、痂は「かさぶた」と訓み、瘡痂もかさぶたの意で、いずれの病気も罹病部にかさぶた状の病斑を生じることに由来する。柑橘類やジャガイモ等の重要な病害名として知られるが、柑橘類のそうか病は子嚢菌(菌類)、ジャガイモそうか病は放線菌(細菌)、同じくジャガイモの粉状そうか病(ふんじょう - )はネコブカビ類(原生生物)によるもので、それぞれに病原が異なる全く別の病害である。
rdfs:label
  • そうか病
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of