Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『しろばんば』は、井上靖の自伝的長編小説である。『主婦の友』に1960年(昭和35年)から連載された。その後、続編として『続しろばんば』が連載された。双方とも中央公論社から単行本として刊行され、後に前者を前篇、後者を後編とし、改めて『しろばんば』として新潮社より文庫本として刊行されている。題名の「しろばんば」とは雪虫のこと。本作品の舞台であり、作者自身が幼少時代を過ごした伊豆半島中央部の山村・湯ヶ島では、秋の夕暮れ時になればこの虫が飛び回る光景が見られた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3125179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58847339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2前番組
prop-ja:2放送局
prop-ja:2放送枠
prop-ja:2次番組
prop-ja:2番組名
  • (1973年版)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:前番組
  • (開局前)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 土曜19時台後半枠
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • (1964年版)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『しろばんば』は、井上靖の自伝的長編小説である。『主婦の友』に1960年(昭和35年)から連載された。その後、続編として『続しろばんば』が連載された。双方とも中央公論社から単行本として刊行され、後に前者を前篇、後者を後編とし、改めて『しろばんば』として新潮社より文庫本として刊行されている。題名の「しろばんば」とは雪虫のこと。本作品の舞台であり、作者自身が幼少時代を過ごした伊豆半島中央部の山村・湯ヶ島では、秋の夕暮れ時になればこの虫が飛び回る光景が見られた。
rdfs:label
  • しろばんば
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of