Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • しらね型護衛艦(しらねがたごえいかん、英: Shirane-class helicopter destroyer)は、海上自衛隊が保有するヘリコプター搭載護衛艦(DDH)の艦級。第4次防衛力整備計画(4次防)中の昭和50・51年度計画において各1隻が建造された。先行するヘリコプター搭載護衛艦であるはるな型(43/45DDH)の発展型であり、イージスシステム搭載DDGであるこんごう型(63DDG)が建造されるまでは、海上自衛隊最大の護衛艦で、名実共に海上自衛隊の顔であった。なお、設計に蒸気機関及びマックを採用した自衛艦は本型が最後である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 273410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58553122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
prop-ja:caption
  • 「しらね」2012年の撮影。中央の写真に比べ、改装及び搭載機の更新がなされ、着艦標識も新方式になっているのが確認できる。
  • 「くらま」RIMPAC 92 参加時の撮影。飛行甲板が船体の後部1/3を占めているのがわかる。これは本型の大きな特徴の一つとなっている。飛行甲板にはHSS-2が2機、露天係止されている。
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:image
  • JapanNavyShipDDH143"Shirane"inRIMPAC2013.jpg
  • Shirane class destroyer - Kurama.jpg
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • しらね型護衛艦(しらねがたごえいかん、英: Shirane-class helicopter destroyer)は、海上自衛隊が保有するヘリコプター搭載護衛艦(DDH)の艦級。第4次防衛力整備計画(4次防)中の昭和50・51年度計画において各1隻が建造された。先行するヘリコプター搭載護衛艦であるはるな型(43/45DDH)の発展型であり、イージスシステム搭載DDGであるこんごう型(63DDG)が建造されるまでは、海上自衛隊最大の護衛艦で、名実共に海上自衛隊の顔であった。なお、設計に蒸気機関及びマックを採用した自衛艦は本型が最後である。
rdfs:label
  • しらね型護衛艦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of