Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ごめんね青春!』(ごめんねせいしゅん)は、2014年10月12日から12月21日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「日曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。宮藤官九郎脚本によるドラマオリジナル作品。静岡県三島市の高等学校を舞台とし、錦戸亮演じる主人公教師の、青春時代の罪の告白と赦しをメインテーマとしつつ、細かなギャグの多用と恋愛模様を織り交ぜて彼と周囲の人々の青春を描く学園コメディドラマ。
dbpedia-owl:channel
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:endingTheme
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:storyEditor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:voice
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3038208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 42542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 371 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58927422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:edテーマ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:データ放送
prop-ja:ナレーター
  • 森下愛子
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:備考
  • 8.8
  • なし
  • 6.7
  • 7.7
  • 演出
  • 視聴率
  • 5.7
  • 金子文紀
  • 10.1
  • 8.2
  • 7.4
  • 山室大輔
  • 5.8
  • 福田亮介
  • ラジオ出演者
  • 三宮大三郎
  • 半田豪
  • 原平太
  • 吉井良江
  • 海老沢ゆずる
  • 淡島舞
  • 蜂矢りさ
  • 蜂矢善人
  • 蜂矢祐子
  • 阿部あまり
  • 高校時代の原平助
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考3のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:出演者
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
prop-ja:副題
  • dbpedia-ja:番組表
  • 宮藤官九郎最新作! 青春ほど楽しい授業はなかった! 恥と後悔と初恋の記憶
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 公式サイト
prop-ja:字幕
prop-ja:放送分
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送日
  • 1921-02-01 (xsd:date)
  • 1923-01-01 (xsd:date)
  • 1930-01-01 (xsd:date)
  • 2016-01-01 (xsd:date)
  • --10-12
  • --10-19
  • --10-26
  • --11-02
  • --11-09
  • --12-07
prop-ja:放送時間
  • 日曜21:00 - 21:54
prop-ja:放送期間
  • --10-12
prop-ja:放送枠
prop-ja:概要
  • 14 (xsd:integer)
  • サトシが善人の畑を手伝い始め関係に変化が生じる中、善人は平助とラジオ番組に、祐子を思いやれなかった後悔を語る。りさは結婚を決意したものの平助自身を好きになれない自分に悩み、一平と淡島が不倫関係に陥るなど大人たちの恋も複雑化する。ある日、豊がビルのファンクラブの西高生徒たちから嫉妬を買い、集団暴行を受ける事件が発生する。潰された彼の面子(めんつ)を回復させるため、生徒たちは「箱根まで駅伝」に出場して西高に勝利しようと意気込む。合併後の校名も「聖駿高校」と決まり、平助は仲良くなった両校生徒たちに感動を隠しきれないが、肝心の豊が再び西高生との間でトラブルを起こし出場が出来なくなる。俊足の豊が出場できなければ勝利は難しくなるが、彼はこの行動がわざとであると平助に明かす。豊は他の生徒たちにも内緒で「みしまるくん」の着ぐるみに入るアルバイトをし、子供たちに夢を与えるこの仕事に強く思い入れているが、駅伝当日と出勤日が被ってしまい迷った末、アルバイトを優先したのだった。平助はりさの助けも借りながら、豊抜きでは勝ち目がない理由から出場を諦めようとする他の生徒たちを説得し、駅伝当日を迎える。
  • 二学期が始まり、実験クラスが開始となり平助と3組の生徒半分は三女のC組へと入る。しかし、平助の自己紹介を女生徒たちは退屈な精神論と一刀両断、少子化を引き合いに出して東高生との結婚を勧める発言をセクハラと糾弾し、女子に色目を使う男子たちの態度にも不快感を露わにする。
  • 駅伝がスタートし、選手となった聖駿高校の生徒たちはそれぞれに恋愛がらみの悩みを抱え、そのことで調子を崩したり力を発揮したりしつつ、西高とトップを競う。平助は伴走の途上、みしまるくんの中に入っている豊にレースに参加するよう説得するが彼の気持ちは揺るがない。しかし、一平が不倫相手の淡島を追いかけてきたトラブルを発端に、豊は脚を痛めた最終走者の淳に替わり、みしまるくん姿のままトップでゴールする。同時に豊は着ぐるみの頭が外れて正体を現してしまうが、その後に淳を背負ってゴールした平助の姿は皆の感動を呼ぶ。結局聖駿高校は失格となるが、りさは失敗こそが青春であると説き、一同は普通でない勝利に満足する。吉井もラジオ番組でこっそりと三宮に今までの非礼を詫び、男女共学を完全に受け入れていた。
  • 翌朝生徒たちと後片付けを終えた平助に、生徒を代表して淳が感謝の言葉を述べ、平助はその勢いに助けられてその場にいるりさに皆の前でプロポーズする。皆で朝焼けの富士山を眺めながら、平助は「ああ、面白かった」とつぶやき、その日を最後に聖駿高校を退職する。その後、生徒たちのそれぞれの進路や、蜂矢家で農作業の手伝いをする祐子とサトシ、永楽寺で花嫁修業中のりさの姿が説明される。聖駿高校は吉井が校長になり、三宮は第3教頭に降格されラジオ番組を辞め、彼の替わりに平助が二代目カバヤキ三太郎を務めている。最後の卒業式にて学生服の平助が会場に現れ、一同に見守られて「青春」からの卒業証書を吉井から受け取り物語は幕となる。
  • 母校である東高の教師・原平助は盗撮をしたと誤解された生徒のため、対立する関係にある近隣の女子校・三女に踏み込む。平助は同校教師・蜂矢りさに高圧的な対応を受けるが、彼女が自分の初恋相手だった祐子の妹であると気付く。だが、祐子はりさとは何年も連絡を取っていないという。三女と東高は経営難などのために合併することが決まり、反対派の猛反発を受ける。中立的立場の平助は「お試し」として自身の担任する3年3組と、りさが担任する三女の3年C組の各生徒を半分交換する実験クラス運営を思い立ち、採用される。生徒たちは男子校の居心地の良さから当初積極的ではなかったが、平助はいずれ社会に出た際に女性の扱いがわからず、モテずに辛い思いをするよりも、早いうちに恥をかいておいた方がよいと説得。生徒たちは賛成に転じる。
  • 平助には高校時代、苦い初恋の思い出があった。14年前、プール設備を三女に貸し出していた東高に訪れた女生徒・祐子に一目惚れした平助は、親友の蔦谷サトシの励ましを受けて彼女とメル友として付き合うようになる。ある夜、平助は花火大会に祐子を誘うが、彼女はあいまいな返事をし待ち合わせには来ない。東高の屋上で一人花火をしていた平助は、向かいの三女屋上で祐子とサトシがデートをする姿を見つけてしまう。サトシに電話をかけても嘘をつかれ、平助は怒りのあまり何本ものロケット花火を三女に向けて飛ばす。同じ夜、三女屋上にある礼拝堂で火災が発生し、居合わせた祐子とサトシは警察に事情聴取を受ける。二人はその後学校を辞め消息を絶った。
  • ようやく晋太郎に面会できた平助たちは、女装した彼に迎えられる。晋太郎は息子の気持ちを理解すべく大量の性同一性障害に関する本を読み、それでも受け入れられず女装して外出するなど、守が性の違和感により味わってきた苦痛を体感しようとしていた。それを見たりさは晋太郎に後日平助から特別授業をするといって村井家を後にする。帰り道でりさは平助を叱咤しつつ、彼への思いを告白する。
  • 守が性同一性障害であり、三女の制服で通学していると知った父の晋太郎は激怒して服装を戻すよう強制し、理事長の権限で合併も青春祭も中止せよと命ずる。生徒たちは理不尽な命令に憤り、平助とりさは何度も村井家に説得に訪れるが門前払いされる。一方で平助は、サトシからデリバリー先で祐子と再会したことを聞かされる。平助はラジオ番組に祐子が出演し、三島にいることを知って探しに出かけるも居場所は分からない。その間、祐子はカバヤキに14年前の恋愛の話をし、今はその時好きだった人のことでなく最後まで励ましてくれた人のことばかりを思い出すと語る。
  • 青春祭1日目、生徒たちとともに祭を楽しむ平助に対しりさは複雑な思いを抱えるが、平助は彼女に、今日のうちに祐子に真相を打ち明けるという。だがそれに感づいたサトシは平助を止めようとし、2人は殴り合いの喧嘩になる。サトシは祐子がラジオで平助への思いを語っていたと教え、高校時代から一貫して平助が彼女と結ばれることを願っている気持ちを語る。しかしその夜、平助は決意のとおり祐子に打ち明ける。りさは祐子にこれまでの全てを水に流すから平助を許してほしいというが、祐子は今すぐには無理だと答える。同じ夜、平太は善人に対し事件の真相を話す。善人は怒りをぶつけるが、同時に子供を信じられなかった自分の弱さにも苦悩する。
  • 特別授業の朝、平助の話を聞いた晋太郎はそれでも納得がいかず、親としての息子への思いを語り感情を爆発させる。しかしその後晋太郎は、泣いて父に謝る守に対し、今まで自分に合わせて男の振りをしていてくれたことに礼を述べ抱きしめる。晋太郎の申し出で守の三女制服着用と合併および青春祭は再開され、一同は喜びに沸く。平助はりさの告白に対し、結婚を前提にした友達としての交際を申し込む。だが二人の前に、フリーライターとして聖駿高校を取材に訪れた祐子が現れる。
  • 青春祭2日目、転校した貴子が会場に訪れ、皆に歓迎される。生徒たちは寒く出来の悪いライブなども含めて心から祭を楽しみ、後夜祭ではキャンプファイヤーやフォークダンス、先生たちの出し物が行われる。そして礼拝堂でミス&ミスターコンテストの発表が行われ、ミスに選ばれた守に続き、平助がミスターに選ばれる。平助はそのスピーチで賞を辞退し、14年前の真相を一同に打ち明け、教師になり両校の合併を成功させることができたらこのことを打ち明けようと思っていたと語る。ところがそこへ三宮とサトシが警察関係者を引き連れて現れ、平助の無実を証明するという。校長室で教職員たちと平太、善人が集まり話を聞いたところ、14年前の現場には確かに花火があったが、平助のいた距離から投げ込まれた花火で火災になることは確率的にあり得ず、事件そのものも時効であるという。他の人々も鍵の閉め忘れなど自分の非を口にし、平助をかばう。
  • 祐子の取材は進み、生徒たちは口々に青春祭を実現に至らせた平助への信頼を語る。青春祭前夜、平助は祐子が14年前の事件を調べ現場に花火の燃えがらがあったことを話していたと平太から聞く。さらに事件後、みゆきが平助の様子がおかしいと気付いていたこと、警察が平助のことを調べに訪れたが、平太は高校生である平助の身を案じてそのことを伝えなかったと聞き動揺する。平太は平助に、自分自身で身の処し方を決めるよう告げたあと、ラジオ番組に亡き妻への思いを語る。それを聴いたせつ子は、平太の気持ちを知り永楽寺を後にする。平助は東高屋上にりさを呼びだし、ついに事件の真相を告げ、続けてりさに愛の告白をする。りさは怒りで取り乱し平助を許せないというが、それでも二人の運命を信じ、試練として乗り越えてみせると彼に答える。そして翌日、青春祭は開幕する。
  • 自己紹介で無意識に女子たちの神経を逆なでした平助は、彼女らから完全になめられてしまう。三女生は低偏差値の東高生を見下しており、その中であまりと秘密の交際をするゆずるは思いつめ、女子たちの前で二人の関係を明らかにしてしまう。その夜、あまりが家出し連絡が取れないと知った平助とりさは、養護教諭淡島の協力で、生徒たちのSNSの会話から彼女とゆずるが五反田にいることを知る。ゆずるたちはラブホテルに入ろうとしていたところを偶然平太に見つかり、何ごともなく三島に帰される。平太のとりなしで停学は逃れたものの、あまりは吉井校長の意見で東高3年3組に移ることになる。平助は生徒たちに両校は昔から仲が悪かったわけではなく、14年前に文化祭を合同で開こうとしていたこと、それが火災事件で中止になり、当事者であったサトシと祐子が周囲の非難を受け、ついには学校に通えなくなった経緯を語る。そして、昔の先輩の失敗から始まった空気に流されて男女がお互いを憎みあうことはないと語り、卒業時に共学でよかったと生徒たちが言えるよう自分も努力すると宣言する。平助のクラス内に多少の変化を見出したりさは、彼に合同文化祭開催のため企画書を作るようにいう。その話し合いのため「ガールズバー」でりさと待ち合わせた平助は、店の手伝いをしているサトシと思いがけず再会する。
  • 平助はサトシ・りさとの会話で、サトシと祐子が14年前に文化祭実行委員として平助よりも前に知り合っていたこと、火災事件のためにりさまでもが学校でいじめを受け、それに対抗するために喧嘩に明け暮れた時期があったことを知る。そのあと平助はサトシに謝罪され、事件の夜に祐子から花火大会に誘われたことなどを聞き困惑し、自分のせいで祐子が悪く言われることに罪悪感を感じる。学校では吉井校長が両クラスに共学化の条件を出し、次の学力テストで東高3年3組が学年1位になり、三女3年C組は最下位を回避しなければ合同文化祭も併せて中止と宣言される。平助は特に成績の悪い7名の男子を永楽寺で勉強合宿させ、成績優秀な三女生たちにも協力を頼む。男子たちは必死に勉強するも、当日のテストの結果は散々でC組は最下位になってしまう。共学クラスは中止になるが、りさは平助と男子たちの健闘を讃える。しかし翌日、三女に戻ったはずの女子たちが自主的に東高に登校し、男子たちも三女に戻る。貴子は教職員たちに話し合いにより男子を受け入れることにしたと説明する。校内に侵入した変質者を男子たちが捕まえたこともあって共学クラスが復活した中、「ガールズバー」に蜂矢姉妹の父・善人が現れサトシを相手に暴れ出す。
  • 文化祭の準備が進む中、ゆずるは貴子が言いだせない転校の件をりさに打ち明ける。りさは彼女が平助と一緒にいられるよう、平助と貴子の二人に文化祭の担当を離れて聖駿高校の新しい校歌を作るよう命じる。一方、兄の不倫を心配する平助は、別れるように迫るものの、一平は別れを言いだせない。だがある夜、淡島はラジオ番組を通じて一平に別れを告げ、未練を断ち切るように富永と付き合い始める。家庭内のゴタゴタで校歌作りを進められなかった平助は、りさに責め立てられて、逆上し怒鳴ってしまう。しかしりさから貴子の事情を聞いた平助は、14年前の事件の真相を生徒たちに告白することで貴子に隠していることを打ち明けさせようとする。だがそこで守がそれまで言えなかった自分の性的指向をカミングアウトしたため、自身の告白はできずに終わる。平助と貴子は校歌を完成させ、貴子は転校の件を言わないまま三島を去るが、皆はサプライズとして歩道橋から貴子の見送りをし、別れの挨拶を交わす。そしてりさは、怒鳴られたことがきっかけでついに平助を本気で好きになった自覚を得る。
  • その後、文化祭の準備が本格化する中、間もなく転校することを皆に言いだせないでいる貴子は他の生徒たちと諍いを起こしてしまい、ゆずるにだけ転校の件を明かす。また、平太から一平が不倫している疑いがあると言われ、そのことを確かめるよう言われた平助は兄を問い詰め、それが事実であり相手が淡島であることを知る。
  • 祐子は吉井に歓迎され、善人にも支えてやれなかったことを謝罪される。しかし、りさは祐子への複雑な思いからその場を出てゆき、追いかけてきた平助に幼い頃からの姉への不満をぶつける。一方永楽寺には平太の再婚相手・せつ子がやって来る。平助と一平は父の勝手な決断に反発するが完璧に家事をこなすせつ子に何も言えなくなる。そこへ実家に祐子が滞在するため居辛くなったりさが押し掛け、平助の部屋に泊まり込む。10日経っても手を握る以上の進展もない二人だが、りさは平助のためにせつ子に料理を習う。
prop-ja:次番組
prop-ja:演出
prop-ja:特記事項
  • ・初回はTBSほか一部地域で20:59 - 21:00にローカルセールスの事前枠『ごめんね青春!特別篇』も別途放送。
  • ・第3話はプロ野球日本シリーズ中継延長のため、25分繰り下げ(21:25 - 22:19)。
  • ・初回・第5話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
prop-ja:画像
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 静岡県立三島北高等学校(東高ロケ地)
prop-ja:番組名
  • (2014.10.12 - 12.21)
  • ごめんね青春!
prop-ja:脚本
prop-ja:話数
  • 最終話
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 話数
prop-ja:音声
prop-ja:題名
  • サブタイトル
  • 今日大事な人にごめんねとさよならを言います
  • 忘れない! 青春ほど楽しい授業はなかった!
  • お前しか見えない!
  • ヒーローは最後にやってくる!
  • 三島の空に響け! 彼女の贈り物
  • 恋の嵐! ガッついていこう!
  • 恥と後悔と初恋の記憶
  • 息子が女子? 合併解消! ついに告白!
  • 運命の学力テスト! 受験生必見!
  • 仲間のため学校のためプライドを賭けて走れ! 運命の駅伝スタート!
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ごめんね青春!』(ごめんねせいしゅん)は、2014年10月12日から12月21日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「日曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。宮藤官九郎脚本によるドラマオリジナル作品。静岡県三島市の高等学校を舞台とし、錦戸亮演じる主人公教師の、青春時代の罪の告白と赦しをメインテーマとしつつ、細かなギャグの多用と恋愛模様を織り交ぜて彼と周囲の人々の青春を描く学園コメディドラマ。
rdfs:label
  • ごめんね青春!
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ごめんね青春!
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of