Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『こゝろ』(こころ)とは、夏目漱石の長編小説。友情と恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人より、恋人を取ったために罪悪感に苛まれた「先生」からの遺書を通して、明治高等遊民の利己を書く。漱石の代表作の一つ。1914年(大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として発刊した最初の出版物である。連載開始からちょうど100年たった2014年4月20日に、『朝日新聞』上で再度連載が開始された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1581405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59055351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:作者
prop-ja:刊行
  • 1914 (xsd:integer)
prop-ja:初出
  • --04-20
  • 『朝日新聞』
prop-ja:発表形態
  • 新聞連載
prop-ja:言語
prop-ja:題名
  • こゝろ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『こゝろ』(こころ)とは、夏目漱石の長編小説。友情と恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人より、恋人を取ったために罪悪感に苛まれた「先生」からの遺書を通して、明治高等遊民の利己を書く。漱石の代表作の一つ。1914年(大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として発刊した最初の出版物である。連載開始からちょうど100年たった2014年4月20日に、『朝日新聞』上で再度連載が開始された。
rdfs:label
  • こゝろ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of