Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 郄穴(げきけつ、または げっけつ)とは、手の太陰肺経から足の厥陰肝経までの12經と、奇經8脈のうちの4脈にあわせて16ある。気穴が深部に集まる要穴で、急性疾患での反応が強く、また早く現れるところで、その治療に用いる。郄とは、間隙の隙と同意の字とされ、触診すると骨肉の間の溝のように感じるところである。胃経の郄穴である梁丘穴が膝の上にある他は、すべて手首と肘または足首と膝の間にある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 732178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57921121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 郄穴(げきけつ、または げっけつ)とは、手の太陰肺経から足の厥陰肝経までの12經と、奇經8脈のうちの4脈にあわせて16ある。気穴が深部に集まる要穴で、急性疾患での反応が強く、また早く現れるところで、その治療に用いる。郄とは、間隙の隙と同意の字とされ、触診すると骨肉の間の溝のように感じるところである。胃経の郄穴である梁丘穴が膝の上にある他は、すべて手首と肘または足首と膝の間にある。
rdfs:label
  • げっ穴
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of