Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『くろアゲハ』は、加瀬あつしによる日本の漫画。不良少年を題材とする加瀬の代表作品『カメレオン 』の続編で、それから7年後の世界を舞台とした物語。連載開始前の『月刊少年マガジン』(講談社)2013年12月超特大号では、その序章ともいえる読み切りエピソード『カメレオン Seven Years After』が掲載された。『カメレオン Seven Years After』はカメレオン終了14年目にして初めて描かれたストーリーで、次号から連載となった『くろアゲハ』に話をつなげていく内容となっている。また、作者である加瀬あつしにとって、週刊から月刊へ移動して初の連載になる。単行本は2015年8月17日時点で第5巻まで発行されている。単行本第三巻の作者コメントによると「ヤンキーヒロインの理想像をどれだけ描けるか」という編集者からの課題が発想の原点であり、当初は都姫を想定していたが、描いているうちに英太がそうなる可能性が出てきたという。単行本第5巻付属の帯には「これがヤンキー理想の女(体は男)」と書かれている。なお、作品の終着点については明言を避けている。
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2913136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59229774 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • くろアゲハ
prop-ja:レーベル
  • 講談社コミックス月刊マガジン
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:巻数
  • 既刊6巻(2016年3月現在)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:終了号
  • 連載中
prop-ja:開始号
  • 2014 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『くろアゲハ』は、加瀬あつしによる日本の漫画。不良少年を題材とする加瀬の代表作品『カメレオン 』の続編で、それから7年後の世界を舞台とした物語。連載開始前の『月刊少年マガジン』(講談社)2013年12月超特大号では、その序章ともいえる読み切りエピソード『カメレオン Seven Years After』が掲載された。『カメレオン Seven Years After』はカメレオン終了14年目にして初めて描かれたストーリーで、次号から連載となった『くろアゲハ』に話をつなげていく内容となっている。また、作者である加瀬あつしにとって、週刊から月刊へ移動して初の連載になる。単行本は2015年8月17日時点で第5巻まで発行されている。単行本第三巻の作者コメントによると「ヤンキーヒロインの理想像をどれだけ描けるか」という編集者からの課題が発想の原点であり、当初は都姫を想定していたが、描いているうちに英太がそうなる可能性が出てきたという。単行本第5巻付属の帯には「これがヤンキー理想の女(体は男)」と書かれている。なお、作品の終着点については明言を避けている。
rdfs:label
  • くろアゲハ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • くろアゲハ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of