Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • きりしま号(きりしまごう)は、熊本県熊本市の熊本交通センターと鹿児島県鹿児島市の鹿児島本港(高速船ターミナル)の間を結ぶ高速バス路線である。かつては1990年4月より九州産業交通(現:九州産業交通ホールディングス)と南九州高速バスが共同運行、2004年3月に九州新幹線の一部開通により一旦廃止されたが、廃止から4年半後の2008年10月10日より2009年3月31日まで熊本側の九州産交バスの単独運行において1日3往復(試験運行)、同年4月1日より鹿児島側の南国交通といわさきバスネットワークの両社を共同運行に加え、正式に運行再開された。現在は熊本側、鹿児島側共に「きりしま号」として運行している。なお、本項目においては1990年4月の運行開始から2004年3月に一度廃止されるまでの期間を第1期、試験運行期間を含めた運行再開後による2008年10月以降の運用分を第2期として扱う。全便座席指定制で乗車の際は事前の予約が必要。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 414723 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11054 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 207 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59104759 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --09-04
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • きりしま号(きりしまごう)は、熊本県熊本市の熊本交通センターと鹿児島県鹿児島市の鹿児島本港(高速船ターミナル)の間を結ぶ高速バス路線である。かつては1990年4月より九州産業交通(現:九州産業交通ホールディングス)と南九州高速バスが共同運行、2004年3月に九州新幹線の一部開通により一旦廃止されたが、廃止から4年半後の2008年10月10日より2009年3月31日まで熊本側の九州産交バスの単独運行において1日3往復(試験運行)、同年4月1日より鹿児島側の南国交通といわさきバスネットワークの両社を共同運行に加え、正式に運行再開された。現在は熊本側、鹿児島側共に「きりしま号」として運行している。なお、本項目においては1990年4月の運行開始から2004年3月に一度廃止されるまでの期間を第1期、試験運行期間を含めた運行再開後による2008年10月以降の運用分を第2期として扱う。全便座席指定制で乗車の際は事前の予約が必要。
rdfs:label
  • きりしま号
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of