Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • かに座ζ星 (ζ Cnc / ζ Cancri) は、少なくとも4つの恒星から構成されるかに座の恒星系である。ラテン語で「(カニの)殻」という意味のテグミン(Tegmine)という固有名を持つ。地球からは約83.4光年離れており、+4.67等級である。かに座ζ星は黄道面の付近にあるため、月や稀に惑星による掩蔽が観測されることがある。かに座ζ星系には、2つの連星系かに座ζ1星とかに座ζ2星が含まれ、5.06秒離れている。これらの2つの連星系は、重心の周りを1100年の周期で公転している。かに座ζ星は小さな望遠鏡を用いると二重星のように見える。1756年にトビアス・マイヤーによって初めて2つの恒星として観測された。1781年にウィリアム・ハーシェルがかに座ζ1星自体が連星であることを発見し、三重連星であることが明らかになった。1831年にジョン・ハーシェルがかに座ζ1星の周りのかに座ζ2星の軌道の摂動に気づいた。これによりオットー・シュトルーベは1871年に、かに座ζ2星の主星の近傍を公転する伴星の存在を推定した。近年の観測によってこの4つめの恒星の存在が明らかとなり、さらに1つか2つの未知の恒星の存在も示唆されている。かに座ζ1星を構成する2つの恒星は、かに座ζ星A、かに座ζ星Bと呼ばれる。これらはどちらも黄白色のF型主系列星で、視等級はそれぞれ+5.58、+5.99である。2008年時点で、2つの恒星の間は1秒離れており、分解して見るためには大型の望遠鏡が必要である。この距離は2020年まで広がると予想されている。軌道周期は59.6年である。かに座ζ2星を構成する2つの恒星は、かに座ζ星C、かに座ζ星Dと呼ばれる。かに座ζ星Cは明るい方で、+6.12等級で黄色のG型主系列星である。かに座ζ星Dは10等級の赤色矮星で、近接した2つの赤色矮星である可能性がある。かに座ζ星Cとかに座ζ星Dの間は約0.3秒離れており、公転周期は17年である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2131234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3577 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58551030 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:appmagV
  • +5.58/+5.99/+6.12
prop-ja:constell
prop-ja:dec
  • +17°38′52″
prop-ja:distLy
  • 83.400000 (xsd:double)
prop-ja:distPc
  • 25.600000 (xsd:double)
prop-ja:epoch
prop-ja:name
  • かに座ζ星 A/B/C
prop-ja:names
  • Tegmen, Tegmine, 16 Cancri, HR 3208/3209/3210, HD 68257/68255/68256, BD+18°1867, HIP 40167, SAO 97645/97646, GC 11142/11141, ADS 6650, CCDM J08123+1738, WDS 08122+1739
prop-ja:ra
  • 12.7
prop-ja:spectral
  • F7V+F9V+G0V
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • かに座ζ星 (ζ Cnc / ζ Cancri) は、少なくとも4つの恒星から構成されるかに座の恒星系である。ラテン語で「(カニの)殻」という意味のテグミン(Tegmine)という固有名を持つ。地球からは約83.4光年離れており、+4.67等級である。かに座ζ星は黄道面の付近にあるため、月や稀に惑星による掩蔽が観測されることがある。かに座ζ星系には、2つの連星系かに座ζ1星とかに座ζ2星が含まれ、5.06秒離れている。これらの2つの連星系は、重心の周りを1100年の周期で公転している。かに座ζ星は小さな望遠鏡を用いると二重星のように見える。1756年にトビアス・マイヤーによって初めて2つの恒星として観測された。1781年にウィリアム・ハーシェルがかに座ζ1星自体が連星であることを発見し、三重連星であることが明らかになった。1831年にジョン・ハーシェルがかに座ζ1星の周りのかに座ζ2星の軌道の摂動に気づいた。これによりオットー・シュトルーベは1871年に、かに座ζ2星の主星の近傍を公転する伴星の存在を推定した。近年の観測によってこの4つめの恒星の存在が明らかとなり、さらに1つか2つの未知の恒星の存在も示唆されている。かに座ζ1星を構成する2つの恒星は、かに座ζ星A、かに座ζ星Bと呼ばれる。これらはどちらも黄白色のF型主系列星で、視等級はそれぞれ+5.58、+5.99である。2008年時点で、2つの恒星の間は1秒離れており、分解して見るためには大型の望遠鏡が必要である。この距離は2020年まで広がると予想されている。軌道周期は59.6年である。かに座ζ2星を構成する2つの恒星は、かに座ζ星C、かに座ζ星Dと呼ばれる。かに座ζ星Cは明るい方で、+6.12等級で黄色のG型主系列星である。かに座ζ星Dは10等級の赤色矮星で、近接した2つの赤色矮星である可能性がある。かに座ζ星Cとかに座ζ星Dの間は約0.3秒離れており、公転周期は17年である。
rdfs:label
  • かに座ゼータ星
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of