お市の方(おいちのかた)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。小谷の方(おだにのかた)、小谷殿とも称される。名は通説では「於市」で、「市姫」とも云い、『』収録の織田家系譜には「秀子」という名が記されている。 戦国大名・織田信長の妹(または従妹)で、信長とは13歳離れている。通説では、父は織田信秀で、五女と伝えられ、母は土田御前とされている。信行、秀孝、お犬の方は同腹の兄姉という。初めは近江の大名・浅井長政の継室となり、後に織田家重臣の柴田勝家の正室となった。 子に茶々(豊臣秀吉側室)、初(京極高次正室)、江(徳川秀忠継室)がいる。孫にあたる人物は豊臣秀頼(茶々の息子)、豊臣完子、千姫、徳川家光、徳川和子(江の娘、息子)など。徳川和子は後水尾天皇の中宮となり、その娘は明正天皇となった。また、今上天皇の先祖に当たる人物でもある。

Property Value
dbo:abstract
  • お市の方(おいちのかた)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。小谷の方(おだにのかた)、小谷殿とも称される。名は通説では「於市」で、「市姫」とも云い、『』収録の織田家系譜には「秀子」という名が記されている。 戦国大名・織田信長の妹(または従妹)で、信長とは13歳離れている。通説では、父は織田信秀で、五女と伝えられ、母は土田御前とされている。信行、秀孝、お犬の方は同腹の兄姉という。初めは近江の大名・浅井長政の継室となり、後に織田家重臣の柴田勝家の正室となった。 子に茶々(豊臣秀吉側室)、初(京極高次正室)、江(徳川秀忠継室)がいる。孫にあたる人物は豊臣秀頼(茶々の息子)、豊臣完子、千姫、徳川家光、徳川和子(江の娘、息子)など。徳川和子は後水尾天皇の中宮となり、その娘は明正天皇となった。また、今上天皇の先祖に当たる人物でもある。 (ja)
  • お市の方(おいちのかた)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。小谷の方(おだにのかた)、小谷殿とも称される。名は通説では「於市」で、「市姫」とも云い、『』収録の織田家系譜には「秀子」という名が記されている。 戦国大名・織田信長の妹(または従妹)で、信長とは13歳離れている。通説では、父は織田信秀で、五女と伝えられ、母は土田御前とされている。信行、秀孝、お犬の方は同腹の兄姉という。初めは近江の大名・浅井長政の継室となり、後に織田家重臣の柴田勝家の正室となった。 子に茶々(豊臣秀吉側室)、初(京極高次正室)、江(徳川秀忠継室)がいる。孫にあたる人物は豊臣秀頼(茶々の息子)、豊臣完子、千姫、徳川家光、徳川和子(江の娘、息子)など。徳川和子は後水尾天皇の中宮となり、その娘は明正天皇となった。また、今上天皇の先祖に当たる人物でもある。 (ja)
dbo:alias
  • おいちのかた (ja)
  • おいちのかた (ja)
dbo:child
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 240 (xsd:integer)
dbo:parent
dbo:relative
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 64543 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10890 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80352258 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • おいちのかた (ja)
  • おいちのかた (ja)
prop-ja:出生名
  • [通説では]於市、市 (ja)
  • [通説では]於市、市 (ja)
prop-ja:別名
  • 市姫、小谷の方、小谷殿、秀子 (ja)
  • 市姫、小谷の方、小谷殿、秀子 (ja)
prop-ja:墓地
  • 西光寺(福井県福井市) (ja)
  • 西光寺(福井県福井市) (ja)
prop-ja:子供
prop-ja:宗派
prop-ja:死因
  • 自害 (ja)
  • 自害 (ja)
prop-ja:死没地
  • 越前北ノ庄城 (ja)
  • 越前北ノ庄城 (ja)
prop-ja:氏名
  • お市の方 (ja)
  • お市の方 (ja)
prop-ja:没年月日
  • --04-24
prop-ja:生年月日
  • 天文16年(1547年) (ja)
  • 天文16年(1547年) (ja)
prop-ja:画像
  • Oichinokata.jpg (ja)
  • Oichinokata.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:
  • [通説では]織田信秀、[通説では]土田御前 (ja)
  • [通説では]織田信秀、[通説では]土田御前 (ja)
prop-ja:親戚
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • お市の方(おいちのかた)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。小谷の方(おだにのかた)、小谷殿とも称される。名は通説では「於市」で、「市姫」とも云い、『』収録の織田家系譜には「秀子」という名が記されている。 戦国大名・織田信長の妹(または従妹)で、信長とは13歳離れている。通説では、父は織田信秀で、五女と伝えられ、母は土田御前とされている。信行、秀孝、お犬の方は同腹の兄姉という。初めは近江の大名・浅井長政の継室となり、後に織田家重臣の柴田勝家の正室となった。 子に茶々(豊臣秀吉側室)、初(京極高次正室)、江(徳川秀忠継室)がいる。孫にあたる人物は豊臣秀頼(茶々の息子)、豊臣完子、千姫、徳川家光、徳川和子(江の娘、息子)など。徳川和子は後水尾天皇の中宮となり、その娘は明正天皇となった。また、今上天皇の先祖に当たる人物でもある。 (ja)
  • お市の方(おいちのかた)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。小谷の方(おだにのかた)、小谷殿とも称される。名は通説では「於市」で、「市姫」とも云い、『』収録の織田家系譜には「秀子」という名が記されている。 戦国大名・織田信長の妹(または従妹)で、信長とは13歳離れている。通説では、父は織田信秀で、五女と伝えられ、母は土田御前とされている。信行、秀孝、お犬の方は同腹の兄姉という。初めは近江の大名・浅井長政の継室となり、後に織田家重臣の柴田勝家の正室となった。 子に茶々(豊臣秀吉側室)、初(京極高次正室)、江(徳川秀忠継室)がいる。孫にあたる人物は豊臣秀頼(茶々の息子)、豊臣完子、千姫、徳川家光、徳川和子(江の娘、息子)など。徳川和子は後水尾天皇の中宮となり、その娘は明正天皇となった。また、今上天皇の先祖に当たる人物でもある。 (ja)
rdfs:label
  • お市の方 (ja)
  • お市の方 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • お市の方 (ja)
  • お市の方 (ja)
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:親戚 of
is foaf:primaryTopic of