Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『おばけのおやつ』は、押切蓮介の漫画短編集。太田出版発行。収録作品の8割が描き下ろしで構成されている。単行本未収録となっていた『ピコピコ少年』初期読切2話が収録されている。押切によると「描きたくても、多分紙面で載せてくれない様な漫画ばかり。(描き下ろしとして)公の場で公開できるというのならばと楽しく描きました。」とのこと。実際、掲載されている描き下ろし作品は、アヴァンギャルドな印象を受ける様な出来になっており、オカルトチックで整合性皆無な展開の不条理ナンセンスギャグ漫画から44ページもの長編作品が収録されているなど、全体的に混沌とした押切節全開の1冊に仕上がっている。なお表題「おばけのおやつ」なる作品は当初から存在しない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3004069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 651 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 8 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58298976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『おばけのおやつ』は、押切蓮介の漫画短編集。太田出版発行。収録作品の8割が描き下ろしで構成されている。単行本未収録となっていた『ピコピコ少年』初期読切2話が収録されている。押切によると「描きたくても、多分紙面で載せてくれない様な漫画ばかり。(描き下ろしとして)公の場で公開できるというのならばと楽しく描きました。」とのこと。実際、掲載されている描き下ろし作品は、アヴァンギャルドな印象を受ける様な出来になっており、オカルトチックで整合性皆無な展開の不条理ナンセンスギャグ漫画から44ページもの長編作品が収録されているなど、全体的に混沌とした押切節全開の1冊に仕上がっている。なお表題「おばけのおやつ」なる作品は当初から存在しない。
rdfs:label
  • おばけのおやつ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of