Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • おこしものは、主に愛知県を中心に、東海地方で桃の節句などの祝い事に供えられる和菓子の一種。「おこしもん」や「おしもん」、「おこしもち」、「おしもち」とも呼ばれる。三重県の伊賀地方では、海から遠い土地柄で新鮮な海産物が手に入らなかった時代に祝いの席で本物の鯛の代わりに鯛の形のおこしものを用いたことに始まり、現在でも内祝いや引き出物などによく使われている。基本的な製法としては、熱湯でこねた米粉を鯛や扇などの木型に入れて成型し、蒸し器で蒸しあげた後に食紅で着色する。または、色生地を別に作っておき、成型時に白生地と一緒に詰め込む調理法もある。蒸したてのものや餅のように焼いたものを、砂糖醤油などをつけていただく。語源については諸説あり、木型から起こすから、木型に押し付けるからなどといわれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 465303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58819633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • おこしものは、主に愛知県を中心に、東海地方で桃の節句などの祝い事に供えられる和菓子の一種。「おこしもん」や「おしもん」、「おこしもち」、「おしもち」とも呼ばれる。三重県の伊賀地方では、海から遠い土地柄で新鮮な海産物が手に入らなかった時代に祝いの席で本物の鯛の代わりに鯛の形のおこしものを用いたことに始まり、現在でも内祝いや引き出物などによく使われている。基本的な製法としては、熱湯でこねた米粉を鯛や扇などの木型に入れて成型し、蒸し器で蒸しあげた後に食紅で着色する。または、色生地を別に作っておき、成型時に白生地と一緒に詰め込む調理法もある。蒸したてのものや餅のように焼いたものを、砂糖醤油などをつけていただく。語源については諸説あり、木型から起こすから、木型に押し付けるからなどといわれている。
rdfs:label
  • おこしもの
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of