Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • う蝕(齲蝕・うしょく)とは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことである。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕された歯は、う歯(一般的には虫歯)と呼ぶ。う蝕が進行して歯に穴ができていることが目に見えてわかる状態になった場合、その穴をう窩と呼ぶ。虫歯は風邪と並び、どの世代でも抱える一般的な病気である。特に歯の萌出後の数年は石灰化度が低いため虫歯になりやすく、歯冠う蝕は未成年に多く見られる。一方、高齢化と残存歯の増加に伴い、高齢者の根面う蝕が増加してきた。
dbpedia-owl:commonName
  • う蝕
dbpedia-owl:icd10
  • K02
dbpedia-owl:icd9
  • 521.0
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 45721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59138957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 右:う蝕が歯髄に達し、歯根の先端が病変となっている
  • 左:上部にう蝕が発生した歯の断面のモデル。
prop-ja:diseasesdb
  • 29357 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • 521 (xsd:integer)
  • K02
prop-ja:medlineplus
  • 1055 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • う蝕
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • う蝕(齲蝕・うしょく)とは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことである。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕された歯は、う歯(一般的には虫歯)と呼ぶ。う蝕が進行して歯に穴ができていることが目に見えてわかる状態になった場合、その穴をう窩と呼ぶ。虫歯は風邪と並び、どの世代でも抱える一般的な病気である。特に歯の萌出後の数年は石灰化度が低いため虫歯になりやすく、歯冠う蝕は未成年に多く見られる。一方、高齢化と残存歯の増加に伴い、高齢者の根面う蝕が増加してきた。
rdfs:label
  • う蝕
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of