Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • あまつかぜ(英語: JDS Amatsukaze, DDG-163)は、海上自衛隊のミサイル護衛艦(DDG)である。日本初の艦対空ミサイル装備艦であり、現代武器システムの運用について貴重な経験を提供したほか、船体・機関設計でも後に多くの影響を残した。同型艦はない。艦名は、古今和歌集において、巻第十七 雑歌上の872首目として収録された僧正遍昭の歌に由来する。旧海軍の磯風型駆逐艦「天津風」、陽炎型駆逐艦「天津風」に続き日本の艦艇としては3代目。またこの艦名およびジェット気流からの連想により、現役中は公式のニックネームとして「ジェット・コースター」と称されていたが、波浪に対し思いの外よく動揺することからその名が付いたと、まことしやかに言われていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 323395 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11591 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58778565 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • あまつかぜ(英語: JDS Amatsukaze, DDG-163)は、海上自衛隊のミサイル護衛艦(DDG)である。日本初の艦対空ミサイル装備艦であり、現代武器システムの運用について貴重な経験を提供したほか、船体・機関設計でも後に多くの影響を残した。同型艦はない。艦名は、古今和歌集において、巻第十七 雑歌上の872首目として収録された僧正遍昭の歌に由来する。旧海軍の磯風型駆逐艦「天津風」、陽炎型駆逐艦「天津風」に続き日本の艦艇としては3代目。またこの艦名およびジェット気流からの連想により、現役中は公式のニックネームとして「ジェット・コースター」と称されていたが、波浪に対し思いの外よく動揺することからその名が付いたと、まことしやかに言われていた。
rdfs:label
  • あまつかぜ (護衛艦)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of