Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • あへん法(あへんほう、昭和29年4月22日法律第71号、Opium Law)は、医療及び学術研究の用に供するあへんの供給の適正を図るため、国があへんの輸入、輸出、収納及び売渡を行い、あわせて、けしの栽培並びにあへん及びけしがらの譲渡、譲受、所持等について必要な取締を行うことを目的とする日本の法律である(同法1条)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 24609 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58534572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 医療用アヘン供給の適正化、アヘン乱用の取締りなど
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • 昭和29年法律第71号
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • なし
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • あへん法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • あへん法(あへんほう、昭和29年4月22日法律第71号、Opium Law)は、医療及び学術研究の用に供するあへんの供給の適正を図るため、国があへんの輸入、輸出、収納及び売渡を行い、あわせて、けしの栽培並びにあへん及びけしがらの譲渡、譲受、所持等について必要な取締を行うことを目的とする日本の法律である(同法1条)。
rdfs:label
  • あへん法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of