Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『“文学少女”シリーズ』(ぶんがくしょうじょシリーズ)は、野村美月による日本のライトノベルシリーズ。イラストは竹岡美穂が担当。ファミ通文庫(エンターブレイン)より、2006年4月から2011年4月にかけて全16冊(長編8冊、短篇集4冊、外伝4冊)が刊行された。また、これを原作として漫画化・劇場アニメ化などが行われている。本作は実在の文学小説が題材となっており、その小説をなぞるかのように物語が展開したり、登場人物がその小説に強い影響を受けたりしている(題材は#書籍一覧参照)。物語は基本的に井上心葉の一人称で進むが、その物語の合間には登場人物の「誰か」の文章・心情などがその人物の一人称で語られる。タイトルロゴは縦書きで、「〝文学少女〟」とダブルミニュートが使われる。横書きではダブルクォーテーションマークが使われる。海外向け(英語)では『Book Girl』と表記される。
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 787890 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 33578 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 415 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56747438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:_
  • ガンガンパワード
  • ビーンズエース
prop-ja:redirect
  • “文学少女”と死にたがりの道化
  • “文学少女”と美味しい噺
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:イラスト
prop-ja:インターネット
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • “文学少女”と恋する詩人【ポエット】
  • “文学少女”と美味しい噺【レシピ】
  • ラジオ“文学少女”〜真夜中の文芸部〜
  • “文学少女”と死にたがりの道化
  • “文学少女”と飢え渇く幽霊
  • “文学少女”シリーズ
prop-ja:ネット局
prop-ja:パーソナリティ
  • 花澤香菜・入野自由(第36集 – 、隔週)
  • 花澤香菜( – 第35集)
prop-ja:レーベル
prop-ja:作画
prop-ja:作者
  • 松田美弥(シナリオ協力)
  • 竹岡美穂(キャラクター原案)
  • 野村美月
  • 野村美月(原作)
prop-ja:出版社
prop-ja:前番組
prop-ja:巻数
  • 全16巻
  • 全1巻
  • 全2巻
  • 全3巻
  • 全4巻
prop-ja:掲載誌
prop-ja:提供
prop-ja:放送回数
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送時間
  • 毎週土曜日 24:00 – 24:30
prop-ja:放送枠
  • 土曜24:00-24:30枠
prop-ja:放送終了
  • --01-01
prop-ja:放送開始
  • --01-09
prop-ja:構成作家
prop-ja:次番組
  • --01-08
  •  超!A&G+スペシャル(リピート2)
prop-ja:番組名
  • ラジオ“文学少女”〜真夜中の文芸部〜
prop-ja:終了号
  • 2011 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
  • --01-01
  • VOL.19
  • 月刊Asuka2009年9月号 - 2010年4月号
prop-ja:終了日
  • --04-30
  • --08-22
prop-ja:著者
prop-ja:開始号
  • 2010 (xsd:integer)
  • 2011 (xsd:integer)
  • パワード2008年8月号
  • ビーンズエースVol.17
prop-ja:開始日
  • --04-28
  • --12-22
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『“文学少女”シリーズ』(ぶんがくしょうじょシリーズ)は、野村美月による日本のライトノベルシリーズ。イラストは竹岡美穂が担当。ファミ通文庫(エンターブレイン)より、2006年4月から2011年4月にかけて全16冊(長編8冊、短篇集4冊、外伝4冊)が刊行された。また、これを原作として漫画化・劇場アニメ化などが行われている。本作は実在の文学小説が題材となっており、その小説をなぞるかのように物語が展開したり、登場人物がその小説に強い影響を受けたりしている(題材は#書籍一覧参照)。物語は基本的に井上心葉の一人称で進むが、その物語の合間には登場人物の「誰か」の文章・心情などがその人物の一人称で語られる。タイトルロゴは縦書きで、「〝文学少女〟」とダブルミニュートが使われる。横書きではダブルクォーテーションマークが使われる。海外向け(英語)では『Book Girl』と表記される。
rdfs:label
  • “文学少女”シリーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ラジオ“文学少女”〜真夜中の文芸部〜
  • “文学少女”シリーズ
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:映画 of
is foaf:primaryTopic of