Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ح(ハー)はアラビア文字の6番目に位置する文字。無声咽頭摩擦音 /ħ/ をあらわす。 フェニキア文字では /ħ/ と /x/ を区別することができなかったが、アラビア文字では点の数によって ح‎ と خ‎ を区別できるようになった。フェニキア文字から受け継がれた文字のひとつで、元は『中庭(=庭。アラビア語:حديقة)』を意味した。ヘブライ文字のח‎、ラテン文字の H に対応する。ギリシャ文字の Η、キリル文字の И とも同系統であるが、あとの二つは後に母音字になっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 492369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56653159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ح(ハー)はアラビア文字の6番目に位置する文字。無声咽頭摩擦音 /ħ/ をあらわす。 フェニキア文字では /ħ/ と /x/ を区別することができなかったが、アラビア文字では点の数によって ح‎ と خ‎ を区別できるようになった。フェニキア文字から受け継がれた文字のひとつで、元は『中庭(=庭。アラビア語:حديقة)』を意味した。ヘブライ文字のח‎、ラテン文字の H に対応する。ギリシャ文字の Η、キリル文字の И とも同系統であるが、あとの二つは後に母音字になっている。
rdfs:label
  • ح
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of