Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • φ結合(ファイけつごう、英: phi bond)は共有結合の一種で、ある電子の軌道のローブの6つが別の電子の軌道のローブの6つと重なっているものである。この重なりによって3つの節平面を有する結合性分子軌道が形成され、これらの節平面は核間軸を含み、両原子を通過する。理論化学者はf原子軌道の重なりに対応するφ結合といった高次結合が可能であると推測してきた。φの文字はf軌道に由来する。結合軸方向から見た軌道対称性が通常の(6つ葉型)f軌道と同じであることからの命名である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3218128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57515366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • φ結合(ファイけつごう、英: phi bond)は共有結合の一種で、ある電子の軌道のローブの6つが別の電子の軌道のローブの6つと重なっているものである。この重なりによって3つの節平面を有する結合性分子軌道が形成され、これらの節平面は核間軸を含み、両原子を通過する。理論化学者はf原子軌道の重なりに対応するφ結合といった高次結合が可能であると推測してきた。φの文字はf軌道に由来する。結合軸方向から見た軌道対称性が通常の(6つ葉型)f軌道と同じであることからの命名である。
rdfs:label
  • Φ結合
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of