Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リポ酸(lipoic acid、別名:α-リポ酸、チオクト酸)は、多数の酵素の補助因子として欠かせない光学活性のある有機化合物である。この分子はカルボキシル基と環状のジスルフィドを含んでいる。生物学上で重要なのはR体の方である。リポ酸は好気性生物の代謝、特にクエン酸回路のピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体(PDC)の補因子としての役割を持つ。α-リポ酸はアシル基もしくはメチルアミンを2-オキソ酸デヒドロゲナーゼ(2-OADH)とグリシンデカルボキシラーゼ複合体(GCV)のそれぞれに運搬する。リポ酸の酸化体はβ-リポ酸、還元体はジヒドロリポ酸である。
dbpedia-owl:iupacName
  • (R)-5-(1,2-dithiolan-3-yl)pentanoic acid
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1061443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3004 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57003392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Lipoic-acid-2D-skeletal.png
  • Lipoic-acid-3D-vdW.png
prop-ja:iupacname
  • -5 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • リポ酸
prop-ja:othernames
  • α-リポ酸、チオクト酸、6,8-ジチオオクタン酸
prop-ja:verifiedrevid
  • 408572829 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • リポ酸(lipoic acid、別名:α-リポ酸、チオクト酸)は、多数の酵素の補助因子として欠かせない光学活性のある有機化合物である。この分子はカルボキシル基と環状のジスルフィドを含んでいる。生物学上で重要なのはR体の方である。リポ酸は好気性生物の代謝、特にクエン酸回路のピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体(PDC)の補因子としての役割を持つ。α-リポ酸はアシル基もしくはメチルアミンを2-オキソ酸デヒドロゲナーゼ(2-OADH)とグリシンデカルボキシラーゼ複合体(GCV)のそれぞれに運搬する。リポ酸の酸化体はβ-リポ酸、還元体はジヒドロリポ酸である。
rdfs:label
  • Α-リポ酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • α-リポ酸、チオクト酸、6,8-ジチオオクタン酸
  • リポ酸
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of