Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Α, α(アルファ、アルファー、希: αλφα / ἄλφα, 英: alpha)はギリシア文字の1つで、伝統的な配列では最初にあたる。古代ギリシア語ではアルパまたはアルファと発音され、日本語でもアルファあるいはアルファーと呼び習わされている。大文字は「Α」小文字は「α」。音価は、短母音 [a](ア)、または長母音 [a:](アー) で、ラテン文字の「A」に対応する。数文字としては、右肩に点を置いた場合、1を表し、左肩(または左下)に点を置く場合、1000を表す。ラテンアルファベットの「A」、キリル文字の「А」はこの文字を起源とする。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1353952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58523190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Α, α(アルファ、アルファー、希: αλφα / ἄλφα, 英: alpha)はギリシア文字の1つで、伝統的な配列では最初にあたる。古代ギリシア語ではアルパまたはアルファと発音され、日本語でもアルファあるいはアルファーと呼び習わされている。大文字は「Α」小文字は「α」。音価は、短母音 [a](ア)、または長母音 [a:](アー) で、ラテン文字の「A」に対応する。数文字としては、右肩に点を置いた場合、1を表し、左肩(または左下)に点を置く場合、1000を表す。ラテンアルファベットの「A」、キリル文字の「А」はこの文字を起源とする。
rdfs:label
  • Α
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of